― MozillaZine.jp フォーラムは Mozilla 製品に関する情報交換の場です ―



All times are UTC + 9 hours

新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 18 件の記事 ]  ページ移動 1, 2  次へ
作成者 メッセージ
投稿記事Posted: 2022年6月15日(水) 17:50 
こんにちは、わざわざご覧になっていただきありがとうございます。

受信トレイから手動振り分けにて
日付別で過去メールを保存しております。
このたび、理由がわからないのですが、
保存用メール各フォルダに移動した過去メールが消えてしまう現象が発生しております。
振り分けは下記の通りです。
 保存用メール
  →2021
   →202101
   →202102
   ・・・
と言うように振り分けしていたのですが、
本日過去メールを、確認しようとしたところ、当該のフォルダをクリックすると、
例:『202101から**通のメールを削除しました』(何通だったか覚えておりません)
と言う文字が下の方に出て、メールが見れなくなりました。
エクスプローラーにて保存用のフォルダ(2021.sbdフォルダ)を確認したところ、直下に
 202101   (拡張子ナシ ファイル容量 52,828kb)
 202101.msf (msfファイル ファイル容量 71kb)
と言うファイルは存在します。
おそらくは全て消えたわけでは無いと思っております。
(他のフォルダでも、容量の差はありますが、拡張子無ファイルとmsfファイルがあります)
Thunderbirdソフトの保存用メール各フォルダ全てを確認しておりませんが、全滅と思います。
受信トレイ・下書き・送信済みトレイ・迷惑メール・ごみ箱フォルダは消えておりません。
過去にバックアップ関係はとっておりません。
2ヶ月くらい前にWindowsLiveMailからデータ移行して利用しております。
バージョンは60.9.0 (32 ビット)です。
(最新バージョンではデータ移行が出来なかったため)
約10年間のメールを移行したので、数万通ありました。
WindowsLiveMailに残っているメールは最悪、古いPCから再度取込すれば復旧できますが、
ここ2ヶ月分のメールはバックアップをとっていなかったので、
それだけでも復旧させたいのです。
popメールで、14日後に削除するように設定しておりますので、
古いPCでWindowsLiveMailで送受信したところ、
サーバーには2週間分しか残っておりませんでした。

復旧方法ご存じの方、ご指導をお願いします。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/102.0.0.0 Safari/537.36


通報する
ページトップ
  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2022年6月16日(木) 16:48 
自己レスになります。
使用しているThunderbird:
    Thunderbird 60.9.0 (32 ビット)
使用しているOS,環境:
    Windows 10 Pro 32 ビット オペレーティング システム、x64 ベース プロセッサ
    メモリ4.00 GB (3.41 GB 使用可能), HDD空き616GB
使用しているセキュリティツール:
    カスペルスキー インターネット セキュリティ 21.3.10.391(i)
常時行っていること: 受信トレイ・送信済みトレイ等とは別に
    【過去送受信メールBOX】というフォルダを作成し
    そのサブフォルダに年月ごとのフォルダを作成しそのフォルダ手動で
    受信メール・送信メールを移動
    例:エクスプローラーでのフォルダ

当フォーラム、過去ログを参考にしてから行ったこと
①araki
  記事の件名: 受信ボックスから消えてしまったメールの復旧方法が知りたい
  投稿記事Posted: 2020年10月07日(水) 19:12 を参考に
 1:プロファイルを丸ごとバックアップ
 2:新規にプロファイルを作成
 3:新規プロファイルフォルダにバックアッププロファイル、丸ごとコピー
 4:その新規プロファイルで起動し確認
 5:症状変わらず

②hidebmw
  記事の件名: 特定のフォルダ内のメールが表示されない
  投稿記事Posted: 2020年7月22日(水) 19:03 を参考に
 1:エクスプローラーにて例フォルダ内の「2021.01」「2021.01.msf」というファイルのうち
   「2021.01.msf」と言うファイルのみ削除し、再起動
 2:症状変わらず

あと、何をすれば復旧するでしょうか?
皆様のお知恵を拝借したく、投稿しております。
よろしくお願いします。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/102.0.0.0 Safari/537.36


通報する
ページトップ
  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2022年6月16日(木) 18:58 
オフライン

登録日時: 2013年5月19日(日) 13:46
記事: 1612
よしぞう(ユーザー登録後) さん、maji とゆ者です。

まだ何方からも返信コメントありませんが、
場繋ぎで、気になった点だけ先にコメントさせてもらいます。
詳細は他の方からの返信投稿をお待ちください。

よしぞう(ユーザー登録後) さんが書きました:
当フォーラム、過去ログを参考にしてから行ったこと
①araki
  記事の件名: 受信ボックスから消えてしまったメールの復旧方法が知りたい
  投稿記事Posted: 2020年10月07日(水) 19:12 を参考に
 1:プロファイルを丸ごとバックアップ
(以下略)

既にいろいろやられてる(やってしまわれてる)みたいですが、
とりあえず
よしぞう(ユーザー登録後) さんが書きました:
 1:プロファイルを丸ごとバックアップ
の処置された点だけは理解しました。

私(maji)としては「何が起きてるか」が把握できていないので、
現時点でアドバイスは出来ません。
これから よしぞう(ユーザー登録後) さん投稿内容を読み直してみます。
が、
ちと時間かかるので、
他の方からアドバイスあるかと思うのでお待ちください。

では。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:101.0) Gecko/20100101 Firefox/101.0


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2022年6月17日(金) 19:58 
オフライン

登録日時: 2013年5月19日(日) 13:46
記事: 1612
よしぞう(ユーザー登録後) さん、maji です。

既に
よしぞう(ユーザー登録後) さんが書きました:
 1:プロファイルを丸ごとバックアップ
の処置されたとの事なので、
あらためて「何が起きてるか?」の確認をさせてください。

まず1点目。

お使いの Thunderbird のプロトコルは POP でヨロシイですよね。
とりあえず POP 前提で話を進めますが、
もし IMAP だったとしたら早めに返信ください。

次に2点目。

よしぞう さんが書きました:
本日過去メールを、確認しようとしたところ、当該のフォルダをクリックすると、
例:『202101から**通のメールを削除しました』(何通だったか覚えておりません)
と言う文字が下の方に出て、メールが見れなくなりました。
の部分ですが、

1)
「下の方に出て」とは Thunderbird画面の中の「下の方」でしょうか?
それとも Thunderbird画面の外の Windows画面の「下の方」でしょうか??

2)
「メールが見れなくなりました」とはどんな状態なのでしょうか?
メールタイトル等の一覧情報が消えてなくなって「見えなくなった」のか?
メールタイトル等の一覧情報は見えてるがそれをクリックしても本文が表示されないのか??
どちらでしょうか?
もし
メールタイトル等の一覧情報が消えてなくなったのであれば、
全て一覧から消えたのか、一部だけ消えて残りの一部は残ってるのか?
等々もお教えください。

そして3点目。

よしぞう さんが書きました:
2ヶ月くらい前にWindowsLiveMailからデータ移行して利用しております。
バージョンは60.9.0 (32 ビット)です。
(最新バージョンではデータ移行が出来なかったため)
の部分。

WindowsLiveMail から移行の為にあえてバージョン「 60 」を選んで使われたのだと思いますが、
なぜ 60 のままにしてたのかとか
60 から最新バージョン(今は 91)に更新しなかったのかとか
バージョンが違い過ぎて(古すぎて)何が起きるか保証出来ないとか
60 から最新バージョン(今は 91)に更新するにはどうしたら良いかだとか、、、、、、
突っ込みどころ満載なのですが、
今この時点ではあえて触れず後回しにします。

ただし、
私がここで紹介する Thunderbird の諸設定はバージョン 91 のもので 60 のものではありません。
よって よしぞう さんお手元のバージョン 60 とは違う可能性があり
そのあたりだけはご容赦ください。

さらに4点目。

Thunderbird にはメールを自動的に削除してくれる機能があります。
私が知ってるのは以下の2つ。

一つ目はフォルダ単位の「保管ポリシー」。
たとえば今回問題となってるフォルダ「202101」を右クリックし
プルダウンメニューの「プロパティ」選択し出てくる「ふぉるだーのプロパティ」中の
 ・「保管ポリシー」を選ぶとどんな設定となっていますか?
 ・「最近のメッセージを次の数だけ残して削除する」とか
「送信日から次の日数以上経過したメッセージを削除する」とか
そんな設定が有効になってませんか?

二つ目はアカウント設定の中のディスク領域の設定。
「アカウント設定」→該当アカウントの「ディスク領域」のページの
「このコンピュータとリモートサーバー上の古いメッセージを完全に削除してディスク領域を解放できます。」
の設定は
どうなっていますか?

このあたりの設定によっては
設定された条件に達したら古いメールから自動削除されます。

最後に、、、、5点目、かな。

とりあえずは Thunderbirdの中で自動的に削除されるケースから探ってますが、
場合によっては Thunderbird以外の何かがメール消してるなんて事もあるかもしれませんが、
まずは Thunderbirdの中から始めましょう。

-----

では。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:101.0) Gecko/20100101 Firefox/101.0


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2022年6月20日(月) 09:23 
オフライン

登録日時: 2022年6月16日(木) 16:03
記事: 7
majiさん、こんにちは。

いろいろご検討を頂き、ありがとうございます。

とりあえず、

maji さんが書きました:
さらに4点目。
Thunderbird にはメールを自動的に削除してくれる機能があります。
一つ目はフォルダ単位の「保管ポリシー」。
二つ目はアカウント設定の中のディスク領域の設定。
このあたりの設定によっては
設定された条件に達したら古いメールから自動削除されます。


以上、2点をメインとして、合間に作業してみます。

結果次第では、またご相談となるかもしれませんが、
後ほどご報告させていただきます。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/102.0.0.0 Safari/537.36


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2022年6月20日(月) 14:51 
オフライン

登録日時: 2022年6月16日(木) 16:03
記事: 7
majiさん、ご対応して頂き、ありがとうございます。

前回頂きました質問に関する回答をアップさせて頂きます。


maji さんが書きました:
 
まず1点目。
お使いの Thunderbird のプロトコルは POP でヨロシイですよね。


POPメールです。

maji さんが書きました:
 
次に2点目。
1)
「下の方に出て」とは Thunderbird画面の中の「下の方」でしょうか?
それとも Thunderbird画面の外の Windows画面の「下の方」でしょうか??


Thunderbird画面の中の「下の方」です。
言葉知らずで申し訳ありませんが、
最下部左側のコンピュータマーク(オンラインマーク)の横に表示されました。

maji さんが書きました:
 
2)
「メールが見れなくなりました」とはどんな状態なのでしょうか?
メールタイトル等の一覧情報が消えてなくなって「見えなくなった」のか?
メールタイトル等の一覧情報は見えてるがそれをクリックしても本文が表示されないのか??


メールが1通も表示されません。
新規にフォルダを作成した時と同じ表示(状況)です。

maji さんが書きました:
 
そして3点目。
なぜ 60 のままにしてたのかとか


移行するメールが数万通ありまして、Thunderbirdをメールソフトとして使用しつつ、
仕事の合間に移行作業を行っていたため、時間が掛かりました。
2週間くらい前に全ての移行が終わった次第です。
(すぐにバージョンアップしなかったのはサボっていただけです・・・。)
なぜか、メールの一括取り込みしようとするとなぜか途中で止まって、
最初は原因がわかりませんでした。
(いろいろ取込をトライしてみて判明したのは
 1通のメールデータが大きすぎるとそのメールの取込中に強制的に中断するようです。)
WindowsLiveMailからは全てのメールのエクスポートが出来たのですが、
Thunderbird側では原因不明で途中中断してしまう。
PC側に何らかの原因があるのかと思って、日を変えては何度もやり直ししました。
WindowsLiveMail側の設定によりエクスポートするのは
一括フォルダか単独フォルダ(サブフォルダを含まない)しかありませんでした。
一括での取込を諦め、単独でしなくてはならない、と思って進めていたら
とあるフォルダで単独フォルダの取込に失敗しました。
このフォルダに問題があったのか、と予測し、いろいろと検討していたら、
メールデータが大きいメール(添付画像が数枚)が有り、もしかすると、と思って、
そのメールを別フォルダに移動して再度そのフォルダを取り込むと無事にインポートできました。
それにより、原因は大きいデータのメールはインポートできないと予測出来ました。

maji さんが書きました:
 
さらに4点目。
Thunderbird にはメールを自動的に削除してくれる機能があります。
私が知ってるのは以下の2つ。
一つ目はフォルダ単位の「保管ポリシー」。
二つ目はアカウント設定の中のディスク領域の設定。
どうなっていますか?


このような設定があるのは見ておりませんでした。
自動削除をしない、という設定に変更したいと思います。

以上が前回majiさんがお書きくださった件に関する回答となります。

別途、今行っている作業に関しての報告は別途、アップさせていただきます。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/102.0.0.0 Safari/537.36


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2022年6月20日(月) 17:46 
オフライン

登録日時: 2022年6月16日(木) 16:03
記事: 7
majiさん、こんにちは

結論を申しますと、
前回頂いた検討項目の4つめの自動削除の設定が原因では無いかと思っております。
このような設定があること、見落としておりました。
アカウント設定する時に設定欄、細かく見ておくべきでした。

フォルダ別ではアカウント設定に従う。
アカウント設定では自動削除設定とし、30日となっていました。

今回、取込メールが多く、インポートに日数が掛かっていたため、
取込に意識がとられて、取込最中(後半作業中)でも古いメールが自動削除されていたと思われます。
自動削除30日という設定が受信して30日では無く、
Thunderbird と言うソフトに取り込んでから30日ではないかと予想しております。
取り込んですぐには消えなかったが、取込後30日設定に引っかかり、
取り込んで30日経ったメールから順次消えてしまったと思われます。
バックアップを復旧させましたが、最近の約1年半分の過去保存メールは残っています。
それ以前のメールは全滅ですから、再度取り込みしないといけないと考えております。
手間は掛かりますが、それ以前のメールは再度取り込みします。
バックアップフォルダ中、古いフォルダは例えば
 201901   (拡張子ナシ ファイル容量 0kb)
 201901.msf (msfファイル ファイル容量 3kb)
となっております。
もし復旧手段があるようでしたらご指導願います。

次に
復旧したはいいけれど、保存用フォルダに移動していた分はバックアップから復旧出来たのですが、
問題は復旧フォルダに入れていなかった受信トレイ・送信トレイの分です。
保存用フォルダには「202204」フォルダまでは作っておりました。
バックアップをとったのは先週中頃でしたが、「202204」フォルダ内のメールデータは無事でした。
あとは、現在復旧できていない5月1日~15日分のメールに関してが復旧したいと思っております。
受信トレイ・送信トレイから移動しておりませんでした。
おそらくは30日設定に引っかかって消えてしまったのだと思われます。
Android携帯でも見れるように設定しておりましたので転送復旧する予定です。
ただ、Android携帯のソフトでは、タイトルと受信日時、送信者は復旧できるのですが、
本文はその時にサーバーに残っている期間に本文をスマホにDLしなければ見ることが出来ません。
ですので、本文の復旧は出来そうにありません。

POPメールサーバーにも残っていない、バックアップからも消えている状況です。
もう無理かな?と思いつつも、復旧可能なら、方法、ご指導願います。

また、いろいろとお書きしましたが、
わたくしの自己判断部分に間違え等があればそちらもご指摘、ご指導願います。

以上

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/102.0.0.0 Safari/537.36


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2022年6月20日(月) 21:08 
オフライン

登録日時: 2013年5月19日(日) 13:46
記事: 1612
よしぞう さん、maji です。

ポイントとなりそうな部分のみ3点ほど。

-----

1点目。

viewtopic.php?f=3&t=19839#p72189
よしぞう さんが書きました:
結論を申しますと、
前回頂いた検討項目の4つめの自動削除の設定が原因では無いかと思っております。
(中略)
フォルダ別ではアカウント設定に従う。
アカウント設定では自動削除設定とし、30日となっていました。

アカウント設定
maji さんが書きました:
二つ目はアカウント設定の中のディスク領域の設定。
「アカウント設定」→該当アカウントの「ディスク領域」のページの
「このコンピュータとリモートサーバー上の古いメッセージを完全に削除してディスク領域を解放できます。」
の設定は
どうなっていますか?
の箇所が
「自動削除設定とし、30日となっていました」との事ですね。

ここの設定は「メッセージを自動削除しない」が規定値なはずなので、
よしぞう さんご自身が初期にアカウントを作られた際に「自動削除する」を選ばれた
のだと思われます。

-----

2点目。

viewtopic.php?f=3&t=19839#p72189
よしぞう さんが書きました:
バックアップフォルダ中、古いフォルダは例えば
 201901   (拡張子ナシ ファイル容量 0kb)
 201901.msf (msfファイル ファイル容量 3kb)
となっております。
もし復旧手段があるようでしたらご指導願います。

上記記載の通り「拡張子ナシ ファイル容量 0kb」であれば、
メールデータは綺麗に消えており
このファイルから復旧の手立てはありません。
ただし
viewtopic.php?f=3&t=19839#p72116
よしぞう さんが書きました:
エクスプローラーにて保存用のフォルダ(2021.sbdフォルダ)を確認したところ、直下に
 202101   (拡張子ナシ ファイル容量 52,828kb)
 202101.msf (msfファイル ファイル容量 71kb)
と言うファイルは存在します。
の様に、
Thunderbird画面上でメール一覧が見れない(真っ白)であっても
「拡張子ナシ ファイル容量 52,828kb」みたいに容量がまだ残っていれば
そのファイルから復旧できる可能性があります。

例えば上記の
「 202101 (拡張子ナシ ファイル容量 52,828kb)」のファイルを
エディタ等で開いてもらい
その中に
 X-Mozilla-Status:〜
てな行が
複数行あるはずで
それがどうなってるかお教えください。

-----

3点目。

viewtopic.php?f=3&t=19839#p72189
よしぞう さんが書きました:
次に
復旧したはいいけれど、保存用フォルダに移動していた分はバックアップから復旧出来たのですが、
問題は復旧フォルダに入れていなかった受信トレイ・送信トレイの分です。
よしぞう さんが書きました:
あとは、現在復旧できていない5月1日~15日分のメールに関してが復旧したいと思っております。
受信トレイ・送信トレイから移動しておりませんでした。

「受信トレイ・送信トレイ」は
それぞれ

 inbox   (拡張子ナシ ファイル容量 ??? kb)
 inbox.msf (msfファイル ファイル容量 ?? kb)
 sent    (拡張子ナシ ファイル容量 ??? kb)
 sent.msf  (msfファイル ファイル容量 ?? kb)

となってるはずで
それぞれ容量がどうなってるか確認ください。

あえて詳細説明を省きましたが
Thunderbirdでメール削除すると
メールボックスファイル(拡張子ナシ)上では削除フラグが付けらるだけで即時削除されず
一定条件で「最適化」された際にそのフラグを元に完全削除されます。
そのあたりのフラグが上述の
 X-Mozilla-Status:〜
で管理されてます。
なので「条件さえ良ければ」復旧できる可能性はありますが、
時間切れアウトッとなるケースの方が多いです。

-----

まずは、以上。

_________________
Mozilla/5.0 (X11; Ubuntu; Linux x86_64; rv:101.0) Gecko/20100101 Firefox/101.0


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2022年6月21日(火) 10:01 
オフライン

登録日時: 2022年6月16日(木) 16:03
記事: 7
majiさん、ご対応頂きありがとうございます。

maji さんが書きました:
ここの設定は「メッセージを自動削除しない」が規定値なはずなので、
よしぞう さんご自身が初期にアカウントを作られた際に「自動削除する」を選ばれた
のだと思われます。

自分では設定時に選んだ覚えがないのですが・・・。
意識せずに選択していたのかもしれませんね。

maji さんが書きました:
例えば上記の
「 202101 (拡張子ナシ ファイル容量 52,828kb)」のファイルを
エディタ等で開いてもらい
その中に
 X-Mozilla-Status:〜
てな行が
複数行あるはずで
それがどうなってるかお教えください。

メール本文が見れるのですね。
初めて開きました。
一通目
X-Mozilla-Status: 0003
X-Mozilla-Status2: 00800000
二通目
X-Mozilla-Status: 0001
X-Mozilla-Status2: 00800000
三通目
X-Mozilla-Status: 0001
X-Mozilla-Status2: 00800000
四通目
X-Mozilla-Status: 0001
X-Mozilla-Status2: 00800000
五通目
X-Mozilla-Status: 0011
X-Mozilla-Status2: 00000000
六通目
X-Mozilla-Status: 0001
X-Mozilla-Status2: 00000000
七通目
X-Mozilla-Status: 0011
X-Mozilla-Status2: 00000000
八通目
X-Mozilla-Status: 0001
X-Mozilla-Status2: 00000000
九通目
X-Mozilla-Status: 0001
X-Mozilla-Status2: 00000000
十通目
X-Mozilla-Status: 0001
X-Mozilla-Status2: 00000000



二一通目
X-Mozilla-Status: 0013
X-Mozilla-Status2: 00000000



六一通目
X-Mozilla-Status: 0001
X-Mozilla-Status2: 00000000

となっておりました。(復旧できたフォルダです)

ちなみに、現在、復旧できたフォルダは
エクスプローラーにて保存用のフォルダ(2021.sbdフォルダ)を確認したところ、直下に
 202101   (拡張子ナシ ファイル容量 52,828kb)
 202101.msf (msfファイル ファイル容量 71kb)
と言うように拡張子ナシファイルは容量を持っており、
復旧できなかったフォルダは下記の通り、
古いフォルダは例えば
 201901   (拡張子ナシ ファイル容量 0kb)
 201901.msf (msfファイル ファイル容量 3kb)
と言うように、拡張子ナシファイルは容量を持っておりません。

maji さんが書きました:
「受信トレイ・送信トレイ」は
それぞれ
 inbox   (拡張子ナシ ファイル容量 ??? kb)
 inbox.msf (msfファイル ファイル容量 ?? kb)
 sent    (拡張子ナシ ファイル容量 ??? kb)
 sent.msf  (msfファイル ファイル容量 ?? kb)
となってるはずで
それぞれ容量がどうなってるか確認ください。

 inbox   (拡張子ナシ ファイル容量 5,299 kb)
 inbox.msf (msfファイル ファイル容量 35 kb)
 sent    (拡張子ナシ ファイル容量 32,708 kb)
 sent.msf  (msfファイル ファイル容量 14 kb)
となっております。
ちなみに今回お教え頂いた方法(エディタで開く)で何通あるか確認したところ、
「inbox」ファイル内には36通
ソフト側(Thunderbird側)では受信トレイには22通
「sent」ファイル内には12通
ソフト側(Thunderbird側)では送信トレイには12通
でした。
また、
X-Mozilla-Status: の行の3行上
From - という日時と受信トレイに残っているメールデータの受信日時と照らし合わせてみたのですが、
Thunderbird側で表示される日時とエディタで表示される日時が微妙に違いました
  (時間にして3分前後時間の相違がありました。)
ですので、どのメールがどのメールデータになっているのか、照らしあわせまではしておりませんが、
昨日今日の日付のメール本数が実際本数と相違がありました。
一昨日より前のメール本数は相違がありませんでした。
これは迷惑メール(削除済み)が残っているだけでは?と感じております。

以上の情報提示で、よろしかったでしょうか。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/102.0.0.0 Safari/537.36


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2022年6月21日(火) 22:06 
オフライン

登録日時: 2013年5月19日(日) 13:46
記事: 1612
よしぞう さん、maji です。

よしぞう さんが書きました:
maji さんが書きました:
ここの設定は「メッセージを自動削除しない」が規定値なはずなので、
よしぞう さんご自身が初期にアカウントを作られた際に「自動削除する」を選ばれた
のだと思われます。
自分では設定時に選んだ覚えがないのですが・・・。
意識せずに選択していたのかもしれませんね。

たぶん、そうだと思います(私見)。

よしぞう さんが書きました:
maji さんが書きました:
例えば上記の
「 202101 (拡張子ナシ ファイル容量 52,828kb)」のファイルを
エディタ等で開いてもらい
その中に
 X-Mozilla-Status:〜
てな行が
複数行あるはずで
それがどうなってるかお教えください。
メール本文が見れるのですね。
初めて開きました。
一通目
X-Mozilla-Status: 0003
X-Mozilla-Status2: 00800000
二通目
X-Mozilla-Status: 0001
X-Mozilla-Status2: 00800000
 (--中略--)
五通目
X-Mozilla-Status: 0011
X-Mozilla-Status2: 00000000
 (--中略--)
二一通目
X-Mozilla-Status: 0013
X-Mozilla-Status2: 00000000
 (--中略--)
となっておりました。(復旧できたフォルダです)

私に認識では、

X-Mozilla-Status: 0000 →未読
X-Mozilla-Status: 0001 →既読
X-Mozilla-Status: 0003 →返信済み

X-Mozilla-Status: 0008 →迷惑メールフィルタによる削除?のはず
X-Mozilla-Status: 0009 →削除

X-Mozilla-Status: 0011 →スレッド/既読
X-Mozilla-Status: 0013 →返信済みか?(自信無し)

のはずです。

この状態で「最適化」

フォルダーの最適化 | Thunderbird ヘルプ
https://support.mozilla.org/ja/kb/compacting-folders

が 自動的に or 手動で 行われると
上記の「X-Mozilla-Status: 0009 」(と 0008 も?)のメールがファイルから削られ
ファイルそのものもその分だけ小さくなります。
もし何かの処理で「削除」されたものが
「X-Mozilla-Status: 0009 」に変わっただけで「実はまだ残っていた」としても
「最適化」によりダメ押しされキレイに無くなります。

今回の上記の例だと
「 X-Mozilla-Status: 0009 」の行が無いので「削除済み」メールは無いですね。

もし「 X-Mozilla-Status: 0009 」の行があれば、
0009 → 0000(未読) or 0001(既読) に変更修正する事により
通常の未読or既読メールとして復活させる事が出来ます。

よしぞう さんが書きました:
 inbox   (拡張子ナシ ファイル容量 5,299 kb)
 inbox.msf (msfファイル ファイル容量 35 kb)
 sent    (拡張子ナシ ファイル容量 32,708 kb)
 sent.msf  (msfファイル ファイル容量 14 kb)
となっております。
ちなみに今回お教え頂いた方法(エディタで開く)で何通あるか確認したところ、
「inbox」ファイル内には36通
ソフト側(Thunderbird側)では受信トレイには22通
「sent」ファイル内には12通
ソフト側(Thunderbird側)では送信トレイには12通
でした。
 (--中略--)
From - という日時と受信トレイに残っているメールデータの受信日時と照らし合わせてみたのですが、
 (--中略--)
昨日今日の日付のメール本数が実際本数と相違がありました。
一昨日より前のメール本数は相違がありませんでした。
これは迷惑メール(削除済み)が残っているだけでは?と感じております。

「 From - という日時と~」行の数での比較で
よしぞう さんが書きました:
昨日今日の日付のメール本数が実際本数と相違がありました。
の部分は
inboxファイルの中に画面上では表示されないメールがあるとゆ事ですが
たぶん
 》 X-Mozilla-Status: 0008 →迷惑メールフィルタによる削除?のはず
 》 X-Mozilla-Status: 0009 →削除
のもの
だと推測されます。
よしぞう さんが書きました:
一昨日より前のメール本数は相違がありませんでした。
の部分は
一昨日より前のメールでは「削除済み」のメールは無い事を示してますね。
よって、
「inbox」「sent」ファイル内には
少なくとも一昨日より前のメールでは「復旧」出来るメールは無さそうです。

念の為に
「 X-Mozilla-Status: 0008 」「 X-Mozilla-Status: 0009 」で検索を掛けて
ヒットするもの有るか無いかを確認ください。
無ければ
これらのファイルからの削除済みメールの復旧は出来ないでしょう。

-----

念の為のさらに念の為、にですが、
「ごみ箱」(→ Trash 及び Trash.msf )についても
ファイル容量と「X-Mozilla-Status:」について確認されてみてください。

-----

では。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:101.0) Gecko/20100101 Firefox/101.0


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2022年6月21日(火) 22:44 
オフライン

登録日時: 2013年5月19日(日) 13:46
記事: 1612
よしぞう さん、maji です。
Thunderbird の話から外れちまうのですが、、、。。。

viewtopic.php?f=3&t=19839#p72189
よしぞう さんが書きました:
Android携帯でも見れるように設定しておりましたので転送復旧する予定です。
ただ、Android携帯のソフトでは、タイトルと受信日時、送信者は復旧できるのですが、
本文はその時にサーバーに残っている期間に本文をスマホにDLしなければ見ることが出来ません。
ですので、本文の復旧は出来そうにありません。

その「Android携帯でも見れるように設定しておりました」の「Android携帯のソフト」ですが、
具体的なソフト名をお教えいただけないでしょうか。

私も Android携帯を使っており興味があります。

では。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/102.0.5005.124 Safari/537.36 Edg/102.0.1245.44


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2022年6月22日(水) 10:19 
オフライン

登録日時: 2022年6月16日(木) 16:03
記事: 7
majiさん、こんにちは

maji さんが書きました:
もし「 X-Mozilla-Status: 0009 」の行があれば、
0009 → 0000(未読) or 0001(既読) に変更修正する事により
通常の未読or既読メールとして復活させる事が出来ます。

助言を頂いたとおり、inboxファイルをエディタで開いてみました、
「 X-Mozilla-Status: 0008 」0通でした。
「 X-Mozilla-Status: 0009 」3通ありました
0009→0000に変更してThunderbirdを起動としてみましたが、
未読メールとして復旧したメールはありませんでした。
再度、エディタで確認しましたが、0000に変更したメールはそのままでした。

maji さんが書きました:
 「ごみ箱」(→ Trash 及び Trash.msf )についても
ファイル容量と「X-Mozilla-Status:」について確認されてみてください。

残ったファイルも念のため記載しておきます。
 Trash   (拡張子ナシ ファイル容量 0 kb)
 Trash.msf (msfファイル ファイル容量 3 kb)
 Junk    (拡張子ナシ ファイル容量 261 kb) ← 名前からすると、もしかすると迷惑メール?
 Junk.msf  (msfファイル ファイル容量 7 kb)
 Drafts   (拡張子ナシ ファイル容量 9280 kb) ← 下書き?
 Drafts.msf (msfファイル ファイル容量 4 kb)

Trash ファイルが容量0kbなのでゴミ箱の中はホントの空と言うことでしょうか。
Junk ファイル内を見てみましたが、全て「 X-Mozilla-Status: 0009 」でした。
Drafts ファイル内を見てみましたが、全て「 X-Mozilla-Status: 0008 」でした。

Junk ファイル内全てを0009→0000に変更してみましたが、何も変わりはありませんでした。
Drafts ファイル内全てを0008→0000に変更してみたところ、下書きフォルダにメールが復旧しておりました。
昨日送ったメールですが、頻繁に自動保存されるみたいですね。
同じメールの書いてる経過中のものが数通復旧しておりました。

ちなみに、バックアップでフォルダ丸ごと保存したinboxファイルも確認しましたが、やはり、5/1~5/20のメールはありませんでした。
ここで、疑問ですが、バックアップしたinboxファイルをエディタで開いた時に思ったのですが、もし、その中に復活して欲しい期間のメールが残っていた時、「From - ・・・」から次のメールの「From - ・・・・」の直前までコピーして、今のinboxファイルの文頭・文末・中間等、どこかに貼り付ければ復旧できるのでしょうか?

以上

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/102.0.0.0 Safari/537.36


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2022年6月22日(水) 10:39 
オフライン

登録日時: 2022年6月16日(木) 16:03
記事: 7
majiさん、こんにちは

maji さんが書きました:
Thunderbird の話から外れちまうのですが、、、。。。
その「Android携帯でも見れるように設定しておりました」の「Android携帯のソフト」ですが、
具体的なソフト名をお教えいただけないでしょうか。
私も Android携帯を使っており興味があります。


会社から与えられているのが、SONY製XPERIA SO-02L です。
ソフト名:Eメール 
バージョン:16.0.A.0.012
最初からインストールされていたアプリで、おそらくはSONY製のソフトかな?
ヘルプを見ようとすると、ソニーモバイルのページに飛びますし、
アプリを開いてからライセンスを見ると、Copyright(C)2015SonyMobile
と言うのが1行目に出ますから。
アプリの提供者等の見方が判らないもので・・・。
スマホが容量不足にならないようにと、そのような仕組みのソフトを提供しているのかな?


以上

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/102.0.0.0 Safari/537.36


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2022年6月22日(水) 20:19 
オフライン

登録日時: 2013年5月19日(日) 13:46
記事: 1612
よしぞう さん、maji です。
例によって三つに分けて返信します。

-----

一点目。

よしぞう さんが書きました:
助言を頂いたとおり、inboxファイルをエディタで開いてみました、
「 X-Mozilla-Status: 0008 」0通でした。
「 X-Mozilla-Status: 0009 」3通ありました
0009→0000に変更してThunderbirdを起動としてみましたが、
未読メールとして復旧したメールはありませんでした。
再度、エディタで確認しましたが、0000に変更したメールはそのままでした。

inboxファイルをエディタで編集しただけでは Thunderbirdには反映されません。
そもそも Thunderbird は外部から直接に inboxファイルが編集される事は想定外なので、
よしぞう さんの手でソレを知らせる必要があります。

一番手っ取り早いのは inbox.msf を削除してやる事で
Thunderbird起動時に inbox.msf が無いとあらためて inbox を読み直し
inbox.msf 含めた環境を作り直してくれます。
このあたりの仕組みは inbox や drafts 等の数べ手のメールボックスファイルに共通で
既に よしぞう さんご自身が
viewtopic.php?f=3&t=19839#p72129
よしぞう さんが書きました:
当フォーラム、過去ログを参考にしてから行ったこと
   (-中略-)
②hidebmw
  記事の件名: 特定のフォルダ内のメールが表示されない
  投稿記事Posted: 2020年7月22日(水) 19:03 を参考に
 1:エクスプローラーにて例フォルダ内の「2021.01」「2021.01.msf」というファイルのうち
   「2021.01.msf」と言うファイルのみ削除し、再起動
を行われてたので
ご存じだと思ってました。

# draftsファイルだけが自動で編集反映したのは謎ですが。

-----

二点目。

よしぞう さんが書きました:
ここで、疑問ですが、
バックアップしたinboxファイルをエディタで開いた時に思ったのですが、
もし、その中に復活して欲しい期間のメールが残っていた時、
「From - ・・・」から次のメールの「From - ・・・・」の直前までコピーして、
今のinboxファイルの文頭・文末・中間等、どこかに貼り付ければ復旧できるのでしょうか?

理論的には可能ですが、
私(→あくまで個人)としては inboxファイルを直接イジる事はお勧めしません。
inbox とか drafts とかのファイルは Thunderbird の中で特別な意味を持たせたファイルであり
中のフラグを編集する程度なら別ですが、
行を追加編集削除する様な大きな処置を直接に行うのは避けた方が良いと思ってます。

その代わりに
上記の抽出したデータを例えば test (識別子ナシ)てななっ前で作り
inbox inbox.msf と同じ場所に置いて Thunderbird を起動してやると
test.msf が作られ Thunderbitd上にも test との名前のフォルダが作られます。
この方式だと既存の 受信トレイ とは別にいろいろ検証が可能となります。
お試しください。

-----

三点目。

「今更」かつ「ちゃぶ台ひっくり返し」級なコメントとなる点ご容赦ください。

今回の「過去保存メールが消えてしまう」原因は
viewtopic.php?f=3&t=19839#p72189
よしぞう さんが書きました:
結論を申しますと、
前回頂いた検討項目の4つめの自動削除の設定が原因では無いかと思っております。
(中略)
フォルダ別ではアカウント設定に従う。
アカウント設定では自動削除設定とし、30日となっていました。
との事でした。

アカウント設定の画面には
maji さんが書きました:
二つ目はアカウント設定の中のディスク領域の設定。
「アカウント設定」→該当アカウントの「ディスク領域」のページの
「このコンピュータとリモートサーバー上の古いメッセージを完全に削除してディスク領域を解放できます。」
と記載があり
これを読む限り
自動削除されると「 X-Mozilla-Status:~ 」による論理的な削除フラグ処置されるのではなく
ダイレクトに物理的に直接削除され「ディスク領域を解放」されるみたいです。
なので
viewtopic.php?f=3&p=72212#p72116
よしぞう さんが書きました:
本日過去メールを、確認しようとしたところ、当該のフォルダをクリックすると、
例:『202101から**通のメールを削除しました』(何通だったか覚えておりません)
と言う文字が下の方に出て、メールが見れなくなりました。
の瞬間に
Thunderbirdが関与できる世界からは完全に削除されたものと思えます。

なのでなので、
本スレッド後半で「 X-Mozilla-Status:~ 」による処置を紹介言及させていただきましたが、
「無駄骨」だったと思われます。

申し訳ない。

-----

では。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:101.0) Gecko/20100101 Firefox/101.0


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2022年6月24日(金) 09:29 
オフライン

登録日時: 2022年6月16日(木) 16:03
記事: 7
majiさん、こんにちは、よしぞうです。

仕事の関係で、一日中出ていましたので昨日は全く作業できておりませんでした。

maji さんが書きました:
一番手っ取り早いのは inbox.msf を削除してやる事で
Thunderbird起動時に inbox.msf が無いとあらためて inbox を読み直し
inbox.msf 含めた環境を作り直してくれます。
このあたりの仕組みは
   (-中略-)
ご存じだと思ってました。

すいませんでした。
自分で行った作業ですが、どのような意味合いを持ってしたのか、覚えておりませんでした・・・。
確かに、過去ログ中で、記載されていました。
申し訳ありませんでした。

maji さんが書きました:
理論的には可能ですが、
私(→あくまで個人)としては inboxファイルを直接イジる事はお勧めしません。
行を追加編集削除する様な大きな処置を直接に行うのは避けた方が良いと思ってます。
その代わりに
上記の抽出したデータを例えば test (識別子ナシ)てななっ前で作り
inbox inbox.msf と同じ場所に置いて Thunderbird を起動してやると
test.msf が作られ Thunderbitd上にも test との名前のフォルダが作られます。
この方式だと既存の 受信トレイ とは別にいろいろ検証が可能となります。
お試しください。

今回の場合、今のところ、復旧したいメールが確認できておりませんので、
次回、近しい問題が発生した場合の保険として、記憶の隅に置いておきます、

maji さんが書きました:
本スレッド後半で「 X-Mozilla-Status:~ 」による処置を紹介言及させていただきましたが、
「無駄骨」だったと思われます。
申し訳ない。

いえいえ、わたくしの知らないやり方、いろいろとご教授頂けただけで、勉強になりました。
結局は、ある期間のメールだけは復旧できまかったですが、
タイトルだけでも(スマホからの転送メール)元に戻して保存しておくようにします。
それだけでも、いろいろなところから問い合わせがあった時の内容確認できますから。

以前、他の社員のPCでHDDがお亡くなりになり、
その時にHDD内データを復旧してくれる会社に復旧を依頼していました。
その時、メールデータに関しては一部は復旧出来ましたが、ほとんどが出来なかったことを思えば、
まあ、一部のみ(それも自分の設定ミス)消えただけで済んだので、
最小限に被害で済んだと思って、納得しております。

全ては自分の設定ミスから始まったことなので。

これに懲りて、容量大の保存用HDDを購入し、バックアップをとるようにしておきます。

majiさん、いろいろと対応をして頂き、ありがとうございました。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/102.0.0.0 Safari/537.36


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
期間内表示:  ソート  
新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 18 件の記事 ]  ページ移動 1, 2  次へ

All times are UTC + 9 hours


オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[23人]


トピック投稿:  可
返信投稿:  可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
ファイル添付: 不可

検索:
ページ移動:  
cron
Powered by MozillaZine.jp® Forum Software © phpBB Group , Almsamim WYSIWYG
Japanese translation principally by ocean