― MozillaZine.jp フォーラムは Mozilla 製品に関する情報交換の場です ―



All times are UTC + 9 hours

新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 13 件の記事 ] 
作成者 メッセージ
投稿記事Posted: 2014年3月30日(日) 17:27 
「Thunderbird 24.4.0」のメールデータ保存先フォルダをデフォルトのCドライブから
Dドライブにコピー、変更したのですが、メーラーを再起動後、デフォルトのフォルダを
削除すると、それまで正常にインポート出来ていた設定、メールが消えて、最初から
新規アカウントの取得、 設定のやり直しになります(再設定後、Cドライブの元の場所に
削除したフォルダが復元されています)。


メールデータ保存先の変更の手順は以下のページに従いました(OSはwin8.1を使用しています)。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/260142/217579/78380540?page=1


メールデータ保存先フォルダをDドライブに変更後、デフォルトのCドライブフォルダを
問題なく削除するにはどうすれば良いでしょうか。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko


通報する
ページトップ
  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2014年3月30日(日) 18:46 
オフライン

登録日時: 2013年12月26日(木) 09:33
記事: 686
お住まい: 太陽系、地球、日本、ふてニャン県
よろしくお願いします さんが書きました:
「Thunderbird 24.4.0」のメールデータ保存先フォルダをデフォルトのCドライブから
Dドライブにコピー、変更したのですが、メーラーを再起動後、デフォルトのフォルダを
削除すると、それまで正常にインポート出来ていた設定、メールが消えて、最初から
新規アカウントの取得、 設定のやり直しになります(再設定後、Cドライブの元の場所に
削除したフォルダが復元されています)。

各アカウントのメールディレクトリーは、それぞれのアカウントの「メッセージの保存先」で指定したディレクトリーが使われるというだけですから、
ちゃんと、元々の、たとえば、C:\foo...\ ... \Mail\Local Foldersというようなディレクトリーを、D:\hogehoge...\ ... \お好きなディレクトリー名 にきちんとコピーし、
アカウントの「メッセージの保存先」で、コピーした方の、ディレクトリーを指定して、指示通りに再起動するだけです。
その後は、誰も元々のC:\foo...\ ... \Mail\Local Foldersにはアクセスしないから、後は、煮るなり焼くなり好きなようにできます。
好きな場所、とは行っても、アカウント1用のディレクトリーのサブディレクトリーをアカウント2用のディレクトリーとして指定する、というようなアホな事は、やってはいけません。

よろしくお願いします さんが書きました:
メールデータ保存先の変更の手順は以下のページに従いました(OSはwin8.1を使用しています)。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/260142/217579/78380540?page=1

それは、プロファイルディレクトリーを移動する手順です。
それを見て、メールデータ保存先を変えようとして、一体何を行ったのでしょう?

プロファイルディレクトリー と メールデータ保存先(メッセージの保存先)は異なるもの、ということは、理解できていますか?
標準設定では、メールデータ保存先(メッセージの保存先)は、プロファイルディレクトリーのサブディレクトリーになっているので、無関係、ということはないですが、
概念的には別物であり、「メッセージの保存先」という設定を介して、プロファイルディレクトリーとは無関係に使うものです。
プロファイルディレクトリーのサブディレクトリーにしておいたほうが、随所でいいことがあるので、標準ではそうなっている、というだけ。
逆にいうと、標準の場所から変えると、自分できちんと注意して行わないと不具合を引き起こす可能性がある、ということになります。

「メッセージの保存先」がプロファイルディレクトリーのサブディレクトリーならば、プロファイルディレクトリーの場所を移動すれば、そのサブディレクトリーである「メッセージの保存先」の場所も当然変わるから、あの手順でやれば、メッセージの保存先が変わりますけど、
あの手順に「[Thunderbird] メールデータ保存先の変更」というタイトルをつけられると、きつい...
「基本:プロファイルを移動し、保存フォルダ設定を変更する」と書いてあるから、正しく書いてはいるんですけど。

よろしくお願いします さんが書きました:
メールデータ保存先フォルダをDドライブに変更後、デフォルトのCドライブフォルダを問題なく削除するにはどうすれば良いでしょうか。

必要なことを、きちんと、他の人に運悪く強制されてしまったものも含めて、勝手な思い込み無しで実行するだけ。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:22.0) Gecko/20100101 Firefox/22.0 SeaMonkey/2.19


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2014年3月30日(日) 19:51 
説明不足でしたが、「メッセージの保存先」の指定はツールオプション→アカウント設定→サーバー設定から
ローカルフォルダの「メッセージの保存先」と共にそれぞれDドライブの適当な場所に変更しました。
それは設定変更後の再起動で設定が反映されている事からも間違いなさそうです。
しかし、その後にデフォルトのCドライブのフォルダを削除しメーラーを起動すると「プロファイルが見つからない」
という表示が出て、新規アカウントの取得、 設定のやり直しになるのです。

何か良いアドバイスがあればお願いします。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko


通報する
ページトップ
  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2014年3月30日(日) 23:03 
横から失礼します。

よろしくお願いします さんが書きました:
何か良いアドバイスがあればお願いします。

Thunderbird のプロファイル、メールデータ保存先などの概念と構造をきちんと理解してください、というのが一番のアドバイスです。
そしてその根幹は、WADA さんがご説明くださっている内容に尽くされていると思います。

その上で、いくつかの枝葉部分について補足的にコメントさせていただきます。

「デフォルトのCドライブのフォルダ」とおしゃっているのは、具体的にどの階層のフォルダを指しておられますか。
Windows OS でいえば、通常「プロファイルフォルダ」というのは次の場所にある xxxxxxxx.default を指しています。

%APPDATA%\Thunderbird\Profiles\xxxxxxxx.default\
(%APPDATA% は OS の既定ディレクトリ)

xxxxxxxx.default の中に、Mail または ImapMail というフォルダがあり、これが「メールデータ保存先フォルダ」とおっしゃっているものです。

そして、「メールデータ保存先フォルダ」の中に、Local Folders(POP のみ)などのアカウントフォルダがあります。
[アカウント設定] -> [<AccountName>] -> [サーバ設定] -> [メッセージの保存] -> [メッセージの保存先] で指定しているのは、このアカウントフォルダにあたります。

さらに、アカウントフォルダの中に [受信トレイ] などの各フォルダごとにメールの実体データが含まれています。([受信トレイ] なら Inbox という拡張子なしのファイル)

一方、xxxxxxxx.default の上位階層で重要なことがあります。

%APPDATA%\Thunderbird\
の中には、Profiles というフォルダと profiles.ini というファイルが存在しますが、この profiles.ini はThunderbird がどのプロファイルで起動するかを決定する上で中枢のファイルです。
完全に終了した状態から Thunderbird が呼び出されたとき、最初に profiles.ini を読みにいき、ここに登録された情報をもとに読み込むプロファイルが決まります。

もし、%APPDATA%\Thunderbird\ をばっさり削除してしまうと profiles.ini も消し去られ、Thunderbird はどのようなプロファイルも読み込むことができません。その結果、インストール直後のような、アカウントの新規設定の手順から開始されます。

プロファイルを別ドライブに配置する場合でも、%APPDATA%\Thunderbird\profiles.ini を消し去ってはいけません。

以上のことを、簡略ならが図示しておきます。(単一プロファイル・単一POPアカウントの例)
--------------------------------------------------------------------------
%APPDATA%
 └ Thunderbird
    ├ profiles.ini …… どのプロファイルをどの場所に置こうが削除してはいけない
    └ Profiles
      └ xxxxxxxx.default …… プロファイルフォルダ。別ドライブに置く場合の単位
         └ Mail
           └ AccountFolder …… [メッセージの保存先] での変更対象
--------------------------------------------------------------------------
(上図の表示は等幅フォントで最適化)

"よろしくお願いします" さんが参考になさったブログ記事は、WADA さんもおっしゃっているように "プロファイルフォルダ" を丸ごと移行する方法が解説されています。
プロファイルを丸ごと移行すればメッセージの保存先も連動して移行されますが、「メールデータ保存先の変更」だけが実行されるわけではありません。
標準ドライブのプロファイルフォルダ(例:xxxxxxxx.default)を丸ごと別ドライブに移行させた場合、それが正常に完了しているのなら、標準ドライブにある移行元のプロファイルフォルダを削除しても、普通は問題ありません。

一方、[アカウント設定] にある [メッセージの保存先] の変更は、アカウント単位でのメールデータのみの移行となり、アカウント設定その他の基礎情報は元のプロファイルに残ります。
この場合、標準ドライブのプロファイルフォルダを削除すると、別ドライブに変更したメールデータ以外のアカウント情報やアドレス帳などのユーザーデータがすべて消え、従来どおりの動作はしなくなります。
[メッセージの保存先] の変更が完了したあとに削除してかまわないのは、保存先を変更したアカウントフォルダ(例:AccountFolder)だけです。

いずれの場合も、profiles.ini を含む Thunderbird フォルダは決して削除してはいけません。

もし、これらを混同したままおかしな風に組み合わせて実行してしまったら、予期せぬ不具合を招くおそれが多分にあります。(最悪の場合、データの消失、または整合性の崩壊を招くかもしれませんから、注意してください。)

Thunderbird に限らず、何事にも "できること" と "できないこと" があります。A の条件なら "できる" が、B の条件なら "できない" ということもあります。

もし以前のプロファイルのバックアップをとってあるなら、上記をふまえ、何を D ドライブに置き何を C ドライブから削除したいのかを明確にして、もう一度スタート地点から着実な移行をお試しになってはいかがでしょうか。
それでもうまくいかないなら、何を、どういう手順で実行し、どううまくいかなかったのか、できるだけ具体的に説明してください。あるいは、どういう運用条件を組み立てるのが希望かを具体的に説明してください。
その状況説明をふまえ、より具体的なアドバイスが寄せられるかもしれません。

(補足)
Thunderbird が起動できているとき、どのプロファイルで起動しているかを確認する方法があります。
[ヘルプ] -> [トラブルシューティング情報] -> [アプリケーション基本情報] -> [プロファイルフォルダ] にある [フォルダを開く] ボタンを押すと、そのとき Thunderbird が使っているプロファイルフォルダを開きます。
例えば、標準ドライブ上のプロファイルのうち [メッセージの保存先] だけを別ドライブに置いた場合は、標準ドライブ上のプロファイルが開きます。
プロファイルの移行をおこなうときの確認作業などで、必要に応じて活用してください。

ざっくりした話ですが、とりあえず以上です。説明不十分なところがあったらすみません。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:28.0) Gecko/20100101 Firefox/28.0


通報する
ページトップ
  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2014年3月31日(月) 08:40 
オフライン

登録日時: 2006年9月05日(火) 18:47
記事: 4210
 
*質問・投稿する前に、サポートサイトやヘルプ、このフォーラム内を検索・閲覧して
 該当項目、同類・類似事例がないか、確認してみましょう。
*質問・投稿する前に フォーラムの利用について をしっかり読んで、その内容を理解
 した上で、それに沿って投稿しましょう。
*質問した後やアドバイスをもらった後は、放置せずに、結果や経緯を必ず書くように
 しましょう。ここは、ユーザ同士で、各種情報・事例を、シェアする場です。
 
 
 
[問題の原因]
結論から云うと、メールデータの保存先を変更するのと、Thunderbird のプロファ
イルの場所をまるごと移動するのを、混同されて、誤解されています。

これが、今回の問題の原因です。
すでに、WADA さんから、説明のあったとおりです。

そのため、やりたいことと、やったことの、取り違えが起きたのです。
作業された結果は正常(誰でもそうなるという意味)ですが、混同と誤解があったの
で、思っていたことと違う作業手順をおこない、やりたい結果にならなかった、とい
うことになります。


[補足説明]
Thunderbird のプロファイルを削除したら、Thunderbird は、それ以前の状態で利
用できなくなります。(初期状態で起動します)

その理由は、Thunderbird は、プロファイルがなければ、動かないからです。
すでに、偶然的通行人 さんから、説明のあったとおりです。

 #「C ドライブのフォルダ」という書き方は、具体的ではありませんので、
  意味不明です。
 #おそらく、C ドライブの標準の場所にある Thunderbird のプロファイル
  フォルダのことを指して、云われているのでしょう。
 #だとしたら、そのように書きましょう。
  C ドライブフォルダを削除したら、PC 自体が起動しなくなりますよ。

プロファイルを削除されたのですから、アカウント設定の保管情報もアドレス帳も、
すべてなくなっています。
一旦、削除されたデータ類は、コピーやバックアップ保存していなければ、元に戻り
ません。(通常は、戻せません)


よろしくお願いします さんが書きました:
メールデータ保存先フォルダをDドライブに変更後、デフォルトのCドライブフォルダを
問題なく削除するにはどうすれば良いでしょうか。

[解決方法]
お勧めは、以下のヘルプガイドを、繰り返ししっかり読んで、正しく理解して、プロ
ファイルの場所を、まるごと D ドライブに移動するのがいいでしょう。
正しく移動できて、問題なく Thunderbird が起動できることを確認できたら、その
後に、C ドライブの標準の場所にあるプロファイルを削除すればいいでしょう。

[参照]
プロファイル TB | Thunderbird ヘルプ
複数のプロファイルを使用する | Thunderbird ヘルプ

 #思い込みや、決めつけは、排除して、理解をすすめてください。
 #「こうなるに違いない」ではなく、「こうなるかも知れない」「こうなら
  ないかも知れない」です。
 #「やってみて、試して、確認してみよう」ですが、結果が出るまではわか
  らないのですから、むやみに、なんでも削除しないことです。

削除は、後からでも、いつでもできます。
ちゃんとバックアップコピー(保存)をおこなってから、作業をすすめましょう。
未知、未体験、未確認の作業の基本は、バックアップしてからです。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:31.0) Gecko/20100101 Firefox/31.0


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2014年3月31日(月) 09:27 
どうやら問題は、一連のプロセスの中で、「%APPDATA%\Thunderbird\profiles.ini を変更先のフォルダにコピーして内容を書き換えれば良い」という間違った思い込みにあったようです。(そして%APPDATA%\Thunderbird\を%APPDATA%\Thunderbird\profiles.iniも含めて全て削除していました)
そうではなく%APPDATA%\Thunderbird\profiles.iniの内容を書き換えて%APPDATA%\Thunderbirdにそのまま保存し、%APPDATA%\Thunderbird\Profilesのみを削除すれば良かったのですね。

懇切丁寧なご指摘ありがとうございました。
ともあれ無事メールデータ保存先の変更ができました^^

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko


通報する
ページトップ
  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2014年3月31日(月) 11:19 
オフライン

登録日時: 2006年9月05日(火) 18:47
記事: 4210
 
後から、このトピックを閲覧された方々が、間違った理解をされないように、あえて補足を
加えます。

よろしくお願いします さんが書きました:
どうやら問題は、一連のプロセスの中で、「%APPDATA%\Thunderbird\profiles.ini を変更先のフォルダにコピーして内容を書き換えれば良い」という間違った思い込みにあったようです。(そして%APPDATA%\Thunderbird\を%APPDATA%\Thunderbird\profiles.iniも含めて全て削除していました)

profiles.ini の書き換えや削除は、「メールデータ保存先フォルダの変更」とは、直接関係ありません。
プロファイルを置く場所、移動(移行)や、追加・削除と関係します。

profiles.ini は、次の場所に置かれるのが仕様です。

【Windows の場合】
%APPDATA%\Thunderbird\Profiles
[Windows Vista/7/8/8.1 = C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Thunderbird]

また、profiles.ini は、Thunderbird が、どこにある、何という名前のプロファイルで起動するか、を
定めているファイルです。
これも仕様です。


よろしくお願いします さんが書きました:
そうではなく%APPDATA%\Thunderbird\profiles.iniの内容を書き換えて%APPDATA%\Thunderbirdにそのまま保存し、%APPDATA%\Thunderbird\Profilesのみを削除すれば良かったのですね。

違います。

それは、事前に、使用しているプロファイルの場所を C ドライブの標準の場所から、他の場所に移動
した場合に該当します。
あるいは、新規(追加)で C ドライブの標準の場所以外に、プロファイルを作成した場合です。

C ドライブの標準の場所=%APPDATA%\Thunderbird\Profiles
 [Windows Vista/7/8/8.1 = C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles]


よろしくお願いします さんが書きました:
ともあれ無事メールデータ保存先の変更ができました^^

プロファイルをまるごと、場所を移動されたのならば、わかります。
が、「メールデータ保存先フォルダの変更」だけならば、書かれた作業内容ではおこなえません。

「プロファイル=メールデータ保存先フォルダ」ではありません。
「プロファイル=メールデータ保存先フォルダを含む、各種ユーザデータ全般の保管先」です。

メールデータ保存先フォルダは、プロファイルの場所と異なる場所に、アカウント設定で、個別に変
更できるからです。
このことを、正しく理解しておくといいでしょう。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:31.0) Gecko/20100101 Firefox/31.0


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2014年3月31日(月) 13:01 
それでは私もあえて捕捉を加えますが・・・
Kikiさん、「ともあれ」、再度に亘る懇切丁寧なご指摘ありがとうございました^^

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko


通報する
ページトップ
  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2014年3月31日(月) 16:10 
オフライン

登録日時: 2013年12月26日(木) 09:33
記事: 686
お住まい: 太陽系、地球、日本、ふてニャン県
よろしくお願いします さんが書きました:
どうやら問題は、一連のプロセスの中で、「%APPDATA%\Thunderbird\profiles.ini を変更先のフォルダにコピーして内容を書き換えれば良い」という間違った思い込みにあったようです。(そして%APPDATA%\Thunderbird\を%APPDATA%\Thunderbird\profiles.iniも含めて全て削除していました)
そうではなく%APPDATA%\Thunderbird\profiles.iniの内容を書き換えて%APPDATA%\Thunderbirdにそのまま保存し、%APPDATA%\Thunderbird\Profilesのみを削除すれば良かったのですね。

これで、なんで
人に誤解を植えつけるタイトルのあのサイトに書いてあったことに従って、何か作業をして、
そのあと「以前のプロファイルディレクトリーを消した」と言う作業をしたら、説明しているような現象になったのか、納得。
profiles.iniも消しちゃったんですね(^^;

プロファイルディレクトリーの場所を移動していて、そのプロファイルディレクトリーの下のサブフォルダーがメッセージの保存先になっているから、プロファイルディレクトリーの場所を移動すれば、メッセージの保存先の場所も必然的に変わる、という話であり、
私も含め、皆さんがそういったことについて何度も説明しているのにも関わらず、
最初から最後まで「メールデータ保存先の変更」と言い続けていて、
ThunderbirdのUIで使われている「メッセージの保存先:」という類の言葉は一切でてこない。

どうやら、参考にしたというサイトのタイトルによって、あそこに書いてあることは、「メールデータ保存先の変更」と呼ぶ、という刷り込みができてしまっているようですね。

まぁ、データ量からすると、プロファイルディレクトリーの中で占める割合は、メールデータが圧倒的に多くなるから、
プロファイルディレクトリーの中の要素をサイズの大きい順に並べた時の一番上のもので代表させて「メールデータ保存先」と呼ぶ、というのも、あながち、間違っている、とは言えないし、
プロファイルディレクトリーの中にメッセージの保存先があるから、プロファイルディレクトリーの場所の移動のことを、「メールデータ保存先の移動」と説明したとしても、嘘ではないですけど。
でも、こういった、正しいとは言えない解釈をしていると、何かあった時に、必ずおかしな方向に行くし、下手をすると、他の人に間違ったことを教えてしまう可能性がある。

後で読む、他の方のために、ちょっと書いておきますね。

%APPDATA%\Thunderbird\というディレクトリー、%APPDATA%\Thunderbird\profiles.iniというファイル、Tbの「プロファイルディレクトリー」と呼ばれるもの、Tbの「メッセージの保存先」(メールディレクトリー、とも、よく呼ばれる)の関係とか規則は、
(1) Tbがprofiles.iniを置く場所は、%APPDATA%\Thunderbird\というディレクトリー、と決められている。
(2) Tbの「プロファイルディレクトリー」は、profiles.iniの中で、ある「プロファイル名」に関連付けられた(ポイントされた)、あるディレクトリーであり、ここには、prefs.jsなど必須のファイルが置かれるし、必須のファイルは、ここに存在しなくてはけない。
(3) Tbの、各アカウント用の「メッセージの保存先:」は、各アカウントのサーバー設定の「メッセージの保存先:」で指定されているディレクトリー。
だけです。
(2)と(3)は、設定(ディレクトリーへのポインター)によって、任意の場所に置くことができます。
この上に、
(4-1) Tbに、既定の場所に新規プロファイルを作らせると、%APPDATA%\Thunderbird\Profilesの下に「プロファイルディレクトリー」を作る(Winの場合)。
(4-2) profiles.ini内のポインターがシンプルになるように、profiles.iniからの相対パスで、「プロファイルディレクトリー」の場所を書ける。
があって、
(5-1) Tbで、新規にメールアカウントを作成すると、Tbの「プロファイルディレクトリー」の下の、POP3ならMailというディレクトリーの下に、「サーバー名」というディレクトリーを作って、それを、このアカウント用の「メールディレクトリー」として使うように設定する。
という規則が適用されます。
基本的には、たったこれだけです。
で、全部「プロファイルディレクトリーの下」におけば、バックアップ・コピー・移動が、一回のディレクトリーの操作で済むし、
全部のTbの「プロファイルディレクトリー」を、標準の%APPDATA%\Thunderbird\Profilesの下におけば、一回の%APPDATA%\Thunderbird\Profilesの操作で、全部のプロファイルのバックアップ・コピー・移動が可能、というだけ。
「どこそこにないといけない」というのは、「profles.ini」の場所だけです。

これだけ理解すれば、プロファイルのバックアップ・リストアー・移動、などで、一切、頭を使う必要はなくなります。
なぜなら、どこにプロファイルディレクトリーがあろうと、やらなければいけないことは、
プロファイルディレクトリーとして使いたいディレクトリーが、場所が定まっている%APPDATA%\Thunderbird\profiles.iniから正しくポイントされている状態にする、
だけであり、それ以外には何も無いからです。
「メッセージの保存先:」においても、
「メッセージの保存先:」を、プロファイルディレクトリーの外においた場合でも中に置いた場合でも、必須なことは、
「メッセージの保存先:」が、使いたいディレクトリーを正しくポイントしている状態にする、
だけであり、
「メッセージの保存先:」を、プロファイルディレクトリーの中に置けば、
プロファイルディレクトリーを移動しようがコピーしようが、なんら設定を変える必要がない、
というだけのこと。

そして、profles.iniは、単なるテキストファイルだし、「メッセージの保存先:」も、prefs.jsというファイルの中の一行として書いてあるだけだから、今現在どうなっていて、何らかの作業をしたら、どこを置き替える必要があるか、あるいは、今の設定を使うには、どこにおけばいいか、などは、テキストエディターで中身を見るだけで、一目瞭然。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:22.0) Gecko/20100101 Firefox/22.0 SeaMonkey/2.19


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2014年4月02日(水) 10:48 
どうやら冗長且つ無意味な議論によって、回答者自らがサイトの有用性を損ねているような節が見られますので、
私もまた、忌憚のないところを、老婆心ながら、・・・
「後で読む、他の方のために、ちょっと書いておきますね。」^^

スレ主さん、及びスレ主さんが今回参考にされたというサイトの文章を私も拝見しましたが、いずれもごく簡潔ではありますが、
誤解を避けるのに必要な前置きはされているようです。

つまり、回答者がどういう訳か偏執的に拘っている「メールデータ保存先フォルダ」と「プロファイル」の混同というのは
全く不適切な誤った指摘であり、むしろスレ主さん、及びスレ主さんが今回参考にされたというサイトはその違いを前提に
した上で、尚、「メールデータ保存先フォルダ」を移動するには、それを含むプロファイルごと移動した方が良いと判断されたのでしょう。

そして、その「一連のプロセスの中で」どこに問題があったのかと言うことはスレ主さん自身が正しく認識され既に解決されているようです。
それは、恐らく、kikiさんは「ともあれ」、偶然的通行人さんの(WADAさんの誤った「刷り込み」に少々引っ張られ気味ですが・・・)
「懇切丁寧な」アドバイスを手掛かりにされたということでしょう^^

要はリテラシーの問題であり、自分の言いたいことと他人の言っていることを混同してはいけないという話ですよ、WADAさん^^

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko


通報する
ページトップ
  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2014年4月02日(水) 21:21 
オフライン

登録日時: 2006年9月05日(火) 18:47
記事: 4210
 
私もまた・・・ さんが書きました:
スレ主さん、及びスレ主さんが今回参考にされたというサイトの文章を私も拝見しましたが、いずれもごく簡潔ではありますが、
誤解を避けるのに必要な前置きはされているようです。

私もそのように感じます。

プロファイルをまるごと移動することで、メールデータの保存先フォルダの変更(移動)
を実現する手順を説明されています。
あくまでも、メールデータの保存先フォルダだけを変更(移動)する方法の説明ではあり
ません。


私もまた・・・ さんが書きました:
つまり、回答者がどういう訳か偏執的に拘っている「メールデータ保存先フォルダ」と「プロファイル」の混同というのは
全く不適切な誤った指摘であり、むしろスレ主さん、及びスレ主さんが今回参考にされたというサイトはその違いを前提に
した上で、尚、「メールデータ保存先フォルダ」を移動するには、それを含むプロファイルごと移動した方が良いと判断されたのでしょう。

「メールデータ保存先フォルダ」と「プロファイル」の混同は、不適切な誤った指摘では
ないと思われます。

その理由は、先に書いたとおりです。

このトピックの件名である「メールデータ保存先フォルダの変更」と、プロファイルの場
所をまるごと変更(移動)する内容との違いに、曖昧さがあったためです。
曖昧なままでは、混同と誤解を生じる恐れがあります。

また、当初の質問者である よろしくお願いします さんからは、その点についての言及が
これまでのところ、ありません。

むしろ、profiles.ini を削除したことを、後から説明されたことからも、 Thunderbird と
プロファイルの関係や、プロファイルのしくみと関連構造の理解不足があったと思われま
す。
正しい理解をされていたら、profiles.ini を含むフォルダごと削除することは、考えにくい
からです。
「間違った思い込みにあったようです」と、ご本人も言及されています。

ですから、今後、このトピックを参照される方々に、混同と誤解が起こる可能性があるた
めに、補足を加えさせていただきました。

結果的に、私も書いたように、プロファイルをまるごと移動するというお勧めの方法を取
られたようです。
これは、ご本人が参照されたブログサイトに書かれていた方法・手順どおりです。


私もまた・・・ さんが書きました:
要はリテラシーの問題であり、自分の言いたいことと他人の言っていることを混同してはいけないという話ですよ、WADAさん^^

WADA さんも、偶然的通行人 さんも書かれている内容説明は、正しいもので、リテラシ
ーの問題ではありません。

厳しい云い方になりますが、当初の質問者である よろしくお願いします さんが、プロフ
ァイルのしくみと構造を、間違った思い込みで正しく理解されていなかったことから、作
業手順に誤りがあったということでしょう。

正しい説明とアドバイスがあったことで、正しい認識と理解をされて、解決につながった
有用なトピックと思います。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:31.0) Gecko/20100101 Firefox/31.0


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2014年4月03日(木) 09:19 
当初の質問者ですが、
「メールデータ保存先フォルダ」と「プロファイル」の混同云々については
私もまた・・・ さんが仰るとおり、私としてもその違いは前提にしていたつもりで
そこに問題は無かったようです(少々説明不足でしたが)。

そして、通行人さんのアドバイスが問題解決の有益な手掛かりになりました。

キリがないので、この辺で終了させていただきますが、
ともあれ、再度に亘る懇切丁寧なご指摘ありがとうございました^^

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko


通報する
ページトップ
  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2014年4月03日(木) 11:52 
オフライン
Moderator

登録日時: 2011年4月06日(水) 10:16
記事: 1738
お住まい: Tokyo
kikiさんへ さんが書きました:
当初の質問者ですが、
「メールデータ保存先フォルダ」と「プロファイル」の混同云々については
私もまた・・・ さんが仰るとおり、私としてもその違いは前提にしていたつもりで
そこに問題は無かったようです(少々説明不足でしたが)。

そして、通行人さんのアドバイスが問題解決の有益な手掛かりになりました。

キリがないので、この辺で終了させていただきますが、
ともあれ、再度に亘る懇切丁寧なご指摘ありがとうございました^^


コロコロ名前を変えるのはおやめください。

また、投稿IPを見る限り、当初の質問者さんとは違うように見受けられます。
むしろ、そのあとの、「私もまた・・・」という投稿者名の方と同じです。
別人ですよね?
詐称ならおやめください。

それから、一般的に「名前」と思われる名称を使用するようお願いします。

_________________
[Desktop] Windows 10 pro (64bit) / 16GB RAM
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:30.0) Gecko/20100101 Firefox/30.0

通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
期間内表示:  ソート  
新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 13 件の記事 ] 

All times are UTC + 9 hours


オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: Exabot [Bot], Google [Bot] & ゲスト[17人]


トピック投稿:  可
返信投稿:  可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
ファイル添付: 不可

検索:
ページ移動:  
cron
Powered by MozillaZine.jp® Forum Software © phpBB Group , Almsamim WYSIWYG
Japanese translation principally by ocean