― MozillaZine.jp フォーラムは Mozilla 製品に関する情報交換の場です ―



All times are UTC + 9 hours

新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 38 件の記事 ]  ページ移動 1つ前へ  1, 2, 3
作成者 メッセージ
投稿記事Posted: 2019年4月14日(日) 00:04 
オフライン

登録日時: 2014年2月22日(土) 00:59
記事: 800
earl さんが書きました:
Thunderbirdがレジストリに書き込んでいる点において、昔困ったことがあったため、
(中略)
困ったことは、システムHDDがクラッシュしてしまったため、データが全く消えてしまったことがあります。
(中略)
Portableの存在を知って、通常版のThunderbirdをやめ、Portable版に移行し、フォルダーをまるごと他のドライブに定期的にコピーすることで、メールを守ろうと思ったからです。

デスクトップ版のThunderbirdインストールでWindowsのレジストリに情報を書きこんでいることと、earlさんがデータを失ったことにどのような因果関係があるのか理解できません。
データを失ったのは定期的にバックアップを行っていなかったせいだと思います。

Windowsにインストールする意味は連携が出来るようになる点にあります。
単にメールを受信して読んだり、書いて送信するだけなら、デスクトップ版でもポータブル版でも好きなの使えばよいです。
.emlファイル、mailto: の関連付け起動や、MAPI(Messaging Application Programming Interface)なんかはきちんとインストールしてないとできません。
ポータブル版Thunderbirdは専用ランチャーから起動することでポータブル動作させているので、関連付けや他アプリからの起動はできませんし、thunderbird.exe を関連付けやピン留したとしても、それで起動するのは(インストールしていない)デスクトップ版Thunderbird であり、デスクトップ版規定位置のプロファイルを探しに行ってしまいます。

earl さんが書きました:
”間違いの方法”と言う言い回しですが、もし他の方が同じ現象が出て、ごみ箱を作らざるを得ないことが発生したとき、私が参考にした情報と方法が”間違い”であるとわかるため、このまま使おうと思います。

このトピックを見に来た第三者に周知するため、ということでしょうか?
ですが、「間違いの方法」はただの呼称・名詞であり、そこに earlさんが周知したい情報はありません。
「私が参考にした情報と方法」はどこに書いてありますか? それが書いてあるのは1ページ目のここからずっと前、先月の投稿ですよね?
私はその方法が間違い「です」、と指摘し説明もしました。
一方、earlさんは間違い「の方法」との呼称を何度も使っておられますが、
earl さんが書きました:
”Trash”でごみ箱を作るという、アドバイスがありましたが、そのとき、メッセージフィルタの再適用をしていないことを思い出し、再適用したところ現象が出なくなり、現在に至ります。
というのを見るに、もしかして、本当は自分の方法でも問題なかった、と主張したいのではと思ってしまいます。

earlさんは、ご自分の対処法のどこに問題があったのかきちんと理解できていますか?

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:66.0) Gecko/20100101 Firefox/66.0


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2019年4月14日(日) 02:37 
オフライン

登録日時: 2019年3月25日(月) 23:06
記事: 15
EarlgreyTeaさん
たびたびのサポートありがとうございます。
さて、一般的にどの程度のユーザーがメールのバックアップを取っているのでしょうか?少なくとも私の周りで意図的にメールバックアップを取っている人を知りません。私自身もバックアップ対策をとっていなかったため、消えただけです。
またWindowsにインストールする意味も承知しています。ですので面倒ですが、Portableを使っている以上、mailtoなどに対応しないことも承知しています。そのうえでPortableを使っています。
”もしかして、本当は自分の方法でも問題なかった、と主張” ですが、あくまでも現状の事実を伝えたまでで、”Trash”ではなく、”trash”でとりあえず治り様子を見ているとしているだけです。
”ご自分の対処法のどこに問題があったのかきちんと理解できていますか?”も、理解はしていますが、実際に「間違いの方法」で作ったごみ箱が動いているという事実を述べたうえで、数多いユーザーのうち一部で”ごみ箱が消える”事に対して悪戦苦闘している人がいるということに対して、間違ってはいるが、事実として動作する環境になった。ということを言ったまでです。
さて、ここのフォーラムに書き込むことが、だんだん言い争いのように感じてきました。
いろいろ教えていただいたのに恐縮ですが、これ以上の書き込みは何も生みだしません。ここで一旦終了にします。
これまで、ありがとうございました。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2019年4月14日(日) 10:40 
オフライン

登録日時: 2013年5月19日(日) 13:46
記事: 570
earl さん、maji です。
そろそろ集結される意向みたいなので、最後に maji流まとめ、です。

-----

1)
バックアップについて。
earl さんが書きました:
さて、一般的にどの程度のユーザーがメールのバックアップを取っているのでしょうか?
少なくとも私の周りで意図的にメールバックアップを取っている人を知りません。
私自身もバックアップ対策をとっていなかったため、消えただけです。

「質問」されてるので、私なりの返答させてもらいます。

「一般的に」をどう解釈するか、がポイントかと思いますが、以下は私の私見です。
個人ユースと法人ユースに分けます。

個人ユースの場合、、、、
該当個人がバックアップの必要性を知っていればバックアップ取ってるでしょうし
知らなければバックアップ取らないでしょう。
一度でも痛い目にあってたり上級者や周囲の人から教えてもらってればバックアップ取ってるかと思います。
その比率がどうかは私は知りませんが、
取ってる比率は低いのではと思ってます(注:根拠無し)。

法人ユースの場合、、、、
法人内で使うメールはその法人の業務の一部ですからメール消失は業務に支障がでるのではと思います。
なのでその法人内の運用の一部として
バックアップ(または消失した際の代替手順)(バックアップ取れとの従業員への業務指示を含む)は
法人として事前に用意してあるべきでしょう。
もし用意してなければ、
その法人の IT運用レベルがそこまで至っていなか
メール消失リスク対応の法人内の優先順位が他リスク対応より低いだけ、とゆ事だと思います。

私の場合(個人ユース)だと、
自分がメインに使ってるメールアドレス群(全てPOP)については大雑把に言うとメール環境を二つ用意してます。
一つ目は、
常用してるリビングのテーブル上のノートパソコン機のもの。
一ヶ月〜三ヶ月程度の直近のものだけ残し不要なものはサクサク消して「軽く」運用しバックアップは取ってません。
壊れたらメールサーバ上に残してる約三ヶ月分のメールを再受信し直すだけです。
プロバイダのサポート部門に相談し
「私の使い方(メール量)だと三ヶ月分サーバに残しても問題は無い」てな確認もらっていて
サーバ上に残ってる三ヶ月分のメールが第一バックアップの役になってます。
二つ目は、
部屋の隅に隠れる様に置いてるデスクトップ機で、過去に受信したメールほとんど全て残してます。
週一程度に受信しサーバ上の一定期間過ぎたメール消し、
そしてユーザデータ置いたドライブを年に数回のタイミングで外部媒体(USBディスク)に丸ごとコピー(バックアップ)してます。
(三ヶ月分以前の)去年もらったメールをもう一度見たいてな場合はコチラのメール見ますし
そもそも自分がメール始めた頃からの主要なものは全て残ってるので
私にとっては「宝物」になってます。

このあたりは投稿時のテーマから脱線するので
もし意見交換を続けるのなら別スレッド新規投稿しましょう。

-----

2)
問題の事象について。

earl さんが悪戦苦闘されてるのは十分に理解できました。
ただし私自身が earl さんの投稿を一部読み違えた(読み漏らした)部分があり
ひょっとしたらミスリードしちまったかもしれず、
本スレッド後半は脱線部分にしか反応返答してません。
ただし
earl さんが書きました:
数多いユーザーのうち一部で”ごみ箱が消える”事に対して悪戦苦闘している人がいるということに対して、
について
earl さんが検索された earl さん以外のユーザの事象は過去のものが多くかつその後の議論が続いていないので
earl さん以外は今この時点では
解決したかしてないかは別として「悪戦苦闘していた人」(過去形)ではないでしょうか。

なぜ earl さんの手元で今回その事象が起きたか、
そしてそれが過去の事例と同じものか違うものか
そしてその原因が何か、については私も知りたいです。

もともと Thunderbirdオリジナル版に内在してるものなのか
OS(windows)やウイルス対策/セキュリティ対策アプリや等々の何かに依存するものなのか
HW依存のものなのか
earl さんお手元固有なものなの他にも共通なものなのか
等々まだ未整理ですし、
今は
earl さんの手元での現象再現を待って
EarlgreyTea さんが書きました:
本家デスクトップ版でも再現することを確認したうえで、
本家 bugzilla.mozilla.org にバグ報告するのが筋だろうと思います。
との動きを取るのが
Thunderbird目線での対応かと思います。

私はソレを待ちます。

-----

以上、かな。

.

_________________
Mozilla/5.0 (X11; Linux i686; rv:60.0) Gecko/20100101 Firefox/60.0


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2019年4月14日(日) 11:44 
オフライン

登録日時: 2014年2月22日(土) 00:59
記事: 800
earl さんが書きました:
さて、ここのフォーラムに書き込むことが、だんだん言い争いのように感じてきました。
いろいろ教えていただいたのに恐縮ですが、これ以上の書き込みは何も生みだしません。ここで一旦終了にします。

まだ原因解明への糸口も、運用改善も為されていないのに、そのような結論に至ってしまったのは大変残念です。
「言い争い」とのことですが、いろいろと言葉を尽くしてアドバイスをさせていただきましたが、
結局のところ、ほとんど聞き入れていただけなかったように思います。暖簾に腕押しといった印象です。

「承知しています」「理解はしていますが」とありますが、このトピックを最初から読み直すと、とてもそのようには思えないのですよ。
なので、もう読んでいただけないかもしれませんが、どこに問題があったのかということを改めて書かせていただきます。

WEBLOG掲載記事の方法に関して:
作成するフォルダー名が小文字始まりの「trash」になってるのが誤りですが、そんなことより、根拠の乏しい経験則に基づく方法であるということと、メッセージ保存先のファイルがどうなっているか一切確認していないという点が問題です。
(承認されるかわかりませんが、いちおうブログ記事にコメント投稿しておきました)

earlさんのアプローチや運用に関して:
このトピック以前については、メッセージ保存先のファイルの状況に関して確認されていないと思いますので、実際にはどんな状況になっていたのかは表面的な現象からは不明です。
もしかしたら記憶違い勘違いなどもあるかもしれません。
したがって、経緯に関して繰り返し書かれていますがあくまで参考にとどめておき、それをもとに推論しようなどとは思わない方が賢明です。

今後、ご自分で原因解明を進めていく意思があるなら現在の環境を残してあれこれ調べるのはありですが、そうでないなら、過去に何度も障害発生した環境をそのまま運用していくことはおすすめしません。
当初、アドバイスさせていただいた通り、新しいプロファイルを作成して運用環境を構築し直し、メールデータを移行をすることを強くおすすめします。

その際、多すぎるメッセージフィルターを精査・整理することをおすすめします。
ThunderbirdはFirefoxと異なり、マルチプロセス/スレッド化されていません。
したがって、メッセージフィルターを複雑にすると、処理パフォーマンスを極度に低下させ、思わぬ障害発生の引き金ともなります。
受信と連動して適用するフィルターは最小限にして、あとは手動適用にするなどしましょう。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:66.0) Gecko/20100101 Firefox/66.0


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2019年4月17日(水) 22:49 
話が終わったようなので、素人考えの個人的な意見です。

これまで何度か見た ウィルスメールを受け取って、対策ソフトがファイルを隔離または消去した結果のように感じました。
だとすると再発防止に関してThunderbird単体でアドバイスはできないなと判断します。

役に立たない意見で申し訳ありません

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:60.0) Gecko/20100101 Firefox/60.0


通報する
ページトップ
  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2019年9月11日(水) 10:16 
突然Thunderbird(PC版)のゴミ箱が消える現象が起き困っています。(受信したメールの削除は行えます)フォルダーリストでアカウント名を右クリックし、[新しいフォルダー]を選択、フォルダー名に「Trash」と入力し、フォルダーを作成 ボタンをクリックでゴミ箱を再作成しようと試みるも「その名前のフォルダーはすでに存在します。…」のメッセージが出て作成できません。Thunderbirdのプロファイルフォルダーにある"Trash"および"Trash.msf"ファイルを削除し、再度上記手順で「Trash(ゴミ箱)」が作成し、ゴミ箱フォルダは復活するのですが、PCやThunderbirdを再起動するとゴミ箱が消えており、上記繰り返しとなってしまい困っています。先日Thunderbirdがアップデートされたのですが、それ以降このような現象が起きているのではないかと思っています。Thunderbirdをアンインストールし、再インストールするのは過去のメールが消えたり設定が変わってしまうのではないかと思い踏ん切れずにいます。解決方法が分かる方がいたらご教授お願いいたします。<環境>バージョン 60.9.0 (32 ビット)Windows7 Pro 64bit memory 8GB以上、よろしくお願いします。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/76.0.3809.132 Safari/537.36


通報する
ページトップ
  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2019年9月12日(木) 13:56 
(はじめに)
起こっている現象が似ていても、原因が同じとは限りませんし、原因が異なれば解決方法も変わってきます。異なる内容の話がひとつのトピックに混在すると、情報の錯綜が生じやすく、トラブル解決の事例としても混乱を招きやすくなります。
(注)
元の質問は、[ローカルフォルダー] の [ごみ箱] の実体 Trash ファイルが消えることでした。今回はあるアカウント配下の [ごみ箱] の問題で、Trash ファイル自体が消えるわけではなさそうな点で、すでに事情が変わっています。

過去のトピックにぶら下がりで質問するのではなく、新規に質問トピックを建て、そこに関連する過去トピックを引用しておくほうが、的を絞ったやりとりが合理的に進められます。
今回はこのまま続けるしかないと思いますが、今後はお気をつけください。

【本題】
引用:
突然Thunderbird(PC版)のゴミ箱が消える現象が起き困っています。

・その「ゴミ箱が消える現象」が起こっているアカウントは、IMAP ですか、POP ですか。
・文面からそうだとは思いますが、そのアカウントのメッセージ格納形式は mbox 形式ですよね。以下はその前提で考察します。
・複数のアカウントを設定しておられる場合、特定のアカウントだけで起こっている問題ですか。複数のアカウントで発生していますか。

引用:
<環境>バージョン 60.9.0 (32 ビット)Windows7 Pro 64bit memory 8GB以上、

Windows 向けの日本語版 Thunderbird の場合、標準的には [ごみ箱] と表示されるはずです。
通常、[ゴミ箱] という表示は Mac 版のものです。言語ファイルを変更するなど、何か特殊なカスタマイズをおこなっておられたりしますか。
単に変換ミスや思い違いならかまわないのですが、最初の質問文が「ゴミ箱」の記述で一貫しているため、念のため確認させていただきます。

(基本的な視点)
一般に、[ごみ箱] や [受信トレイ] 、[送信済みトレイ] 、[下書き] などの標準フォルダーは Thunderbird 上で [削除] メニューが効きません(表示されないかグレーアウトされています)。したがって、Thunderbird 上で操作を誤って削除する、といったことはできません。
原則的には、Thunderbird のフォルダーペインに表示される内容は、プロファイルフォルダー内にあるアカウントフォルダー配下のファイル構造を反映したものです。あくまで主体はプロファイルにあり、その状態をユーザーがわかりやすい形で表示しているのがフォルダーペインです。(そのバリエーションとして [統合フォルダー] 表示などがあります。)

[ごみ箱] などの標準フォルダーが意図せず消えるトラブルは、実体ファイル( [ごみ箱] なら Trash ファイル)が直接消されるなど、ほとんどの場合プロファイルの異常として発生します。(本トピックの大本の質問内容も、Trash ファイルの消滅でした。)
しかしごく稀に、プロファイル内の実体ファイル群の状態は正常なのに、フォルダーペインの表示だけがおかしくなることがあります。

引用:
(受信したメールの削除は行えます)

プロファイル内から Trash ファイルが抹消されたことで Thunderbird 上から [ごみ箱] が消えたのなら、普通はメールの削除もできなくなります。
実際、
引用:
Thunderbirdのプロファイルフォルダーにある"Trash"および"Trash.msf"ファイルを削除し、

とのことなので、Thunderbird 上に [ごみ箱] が表示されていなくても、その時点のプロファイル内に Trash ファイルは存在していると推測できます。だからこそ、「(受信したメールの削除は行えます)」なのでしょう。

引用:
フォルダーリストでアカウント名を右クリックし、[新しいフォルダー]を選択、フォルダー名に「Trash」と入力し、フォルダーを作成 ボタンをクリックでゴミ箱を再作成しようと試みるも「その名前のフォルダーはすでに存在します。…」のメッセージが出て作成できません。

という事情も、上記を裏付けていると考えられます。

(考えられる可能性)
上記の状態から考えると、本件の焦点は、実体ファイルは健在なのに、Thunderbird のフォルダーペインに [ごみ箱] フォルダーが表示されない、という点にあると思われます。
この場合、考えられる可能性のひとつは、panacea.dat や folderTree.json など、フォルダー構造とその表示に関するキャッシュデータの問題です。

引用:
Thunderbirdのプロファイルフォルダーにある"Trash"および"Trash.msf"ファイルを削除し、再度上記手順で「Trash(ゴミ箱)」が作成し、ゴミ箱フォルダは復活するのですが、PCやThunderbirdを再起動するとゴミ箱が消えており、上記繰り返しとなってしまい困っています。

この手順の中で、「プロファイルフォルダーにある"Trash"および"Trash.msf"ファイルを削除」するとき、Thunderbird を完全に終了させた状態で実行なさっていますよね。
Thunderbird を起動したまま、「"Trash"および"Trash.msf"ファイルを削除」すると、フォルダー構造の表示に狂いを生じさせる危険性があります。panacea.dat や folderTree.json などに矛盾を生じさせる確率が高くなるからです。

一番最初に [ごみ箱] が消えた原因は今ある情報だけではわかりませんが、もしも修正作業の中で、Thunderbird を起動したままプロファイル内の「"Trash"および"Trash.msf"ファイルを削除」していたとしたら(何度も?)、その操作が以後の「PCやThunderbirdを再起動するとゴミ箱が消えており、上記繰り返し」を作り出した原因になった可能性はありえます。

もうひとつ考えられるのは、フォルダーペインの表示や並び順などに作用するアドオン(拡張機能)を使っていて、それが動作不良を起こしている可能性です。
こちらは、しばらく Thunderbird を「セーフモード」で起動して使ってみて、[ごみ箱] が消える現象の出方を観察することで、原因を絞り込んでいけるかもしれません。あるいは、心当たりのあるアドオンがあれば、それだけを無効化して Thunderbird を動かしてみてもいいと思います。

(操作手順の一例)
アドオンの影響ではなく Thunderbird 単体のトラブルであれば、Thunderbird 上から Trash 名の新規フォルダーを作るよりは、Thunderbird を確実に終了させた状態で、プロファイルフォルダー配下にある目的のアカウントフォルダー内から既存の「"Trash"および"Trash.msf"ファイルを削除」し、そのままテキストファイルを新規作成して名前を Trash(拡張子なし)に変更するほうが、対処法としての一貫性・確実性は高いと思います。
合わせて、すでに本件のような状況に陥っているケースでは、panacea.dat と folderTree.json を削除(またはプロファイルフォルダー内から別の場所に移動)するのが、トラブルシューティングの手順としては理に適っているんじゃないかと思います。
そのあと Thunderbird を起動すると、作成した Trash ファイルが新しい [ごみ箱] として認識され、この段階で Trash.msf が自動生成されます。フォルダー構造のキャッシュもリフレッシュされます。

それでも問題が再発するなら、ウィルス対策ソフトなど他のプログラムの干渉という可能性が、視野に入ってくると思います。

(補足)
引用:
Thunderbirdをアンインストールし、再インストールするのは過去のメールが消えたり設定が変わってしまうのではないかと思い踏ん切れずにいます。

ごく普通にアンインストール・再インストールを実行する限り、既存のプロファイルが消されることはありませんが、安易にアンインストール・再インストールを実行なさらなかったのは賢明だと思います。

明らかに Thunderbird のプログラム本体に異常が起こっているのでない限り、アンインストール・再インストールでプロファイルの問題が解決するケースはまずありません。むしろ、ユーザーが実行した方法によっては、既存のプロファイルに起こっている障害を悪化させてしまうケースもあります。とくに、根拠なくおこなうダウングレード(バージョンダウン)は、既存のプロファイルに致命的な障害を招き寄せる原因になりえます。
("ダウングレードするな" ではなく、"やるなら相応の理解の下に実行する必要がある" ということです。)

今後のためには、こちらの公式サポート記事に目を通しておくことをお勧めします。
(参考)
・Thunderbird のプロファイル | Thunderbird ヘルプ
support.mozilla.org/ja/kb/profiles-where-thunderbird-stores-user-data


とりあえず以上です。的外れな話になっていたらすみません。


(おことわり)
現在、健康上の制約により不定期な書き込みしかできなくなっています。すぐに応答できない場面がかなり多くなりますことを、ご容赦ください。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64; rv:69.0) Gecko/20100101 Firefox/69.0


通報する
ページトップ
  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2019年9月13日(金) 06:15 
オフライン

登録日時: 2013年5月19日(日) 13:46
記事: 570
こてつ さん、maji とゆ者です。

既に 偶然的通行人 さんから
偶然的通行人 さんが書きました:
(はじめに)
起こっている現象が似ていても、原因が同じとは限りませんし、原因が異なれば解決方法も変わってきます。異なる内容の話がひとつのトピックに混在すると、情報の錯綜が生じやすく、トラブル解決の事例としても混乱を招きやすくなります。
(注)
元の質問は、[ローカルフォルダー] の [ごみ箱] の実体 Trash ファイルが消えることでした。今回はあるアカウント配下の [ごみ箱] の問題で、Trash ファイル自体が消えるわけではなさそうな点で、すでに事情が変わっています。

過去のトピックにぶら下がりで質問するのではなく、新規に質問トピックを建て、そこに関連する過去トピックを引用しておくほうが、的を絞ったやりとりが合理的に進められます。
とのコメント付いてますが、
今からでも遅くは無いので、
このトピックにぶら下がる形で質問するのではなく、
新規にトピックを立てていただけないでしょうか。

「ゴミ箱が消える」との点ではここのトピックと同じかもしれませんが

 ・起きてる現象はこのトピックでの議論とは違うように思える
 ・このトピックは途中から質問主さんとのコミュニケーションが途絶え解決はしていない
 ・紹介されてる外部リンク先の記事も古かったり適切でなかったりする
 ・そもそもここまでのやりとりが こてつ さんに参考になるかどうかは疑問
 ・ページも 3ページにも分かれ こてつ さんの事象に対する議論も埋もれてしまう

等々が考えられ、
新規にトピックを立てていただいた方が
こてつ さんがお困りの事象を整理切り分けするのに適してる様に思います。

私は新規トピック立てられた後にコメントしようと思っています。

ヨロシクお願いします。



こてつ さんが書きました:
突然Thunderbird(PC版)のゴミ箱が消える現象が起き困っています。

(受信したメールの削除は行えます)フォルダーリストでアカウント名を右クリックし、[新しいフォルダー]を選択、フォルダー名に「Trash」と入力し、フォルダーを作成 ボタンをクリックでゴミ箱を再作成しようと試みるも「その名前のフォルダーはすでに存在します。…」のメッセージが出て作成できません。

Thunderbirdのプロファイルフォルダーにある"Trash"および"Trash.msf"ファイルを削除し、再度上記手順で「Trash(ゴミ箱)」が作成し、ゴミ箱フォルダは復活するのですが、PCやThunderbirdを再起動するとゴミ箱が消えており、上記繰り返しとなってしまい困っています。

先日Thunderbirdがアップデートされたのですが、それ以降このような現象が起きているのではないかと思っています。

Thunderbirdをアンインストールし、再インストールするのは過去のメールが消えたり設定が変わってしまうのではないかと思い踏ん切れずにいます。

解決方法が分かる方がいたらご教授お願いいたします。

<環境>バージョン 60.9.0 (32 ビット)Windows7 Pro 64bit memory 8GB以上、よろしくお願いします。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:69.0) Gecko/20100101 Firefox/69.0


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
期間内表示:  ソート  
新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 38 件の記事 ]  ページ移動 1つ前へ  1, 2, 3

All times are UTC + 9 hours


オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: Google [Bot] & ゲスト[14人]


トピック投稿:  可
返信投稿:  可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
ファイル添付: 不可

検索:
ページ移動:  
Powered by MozillaZine.jp® Forum Software © phpBB Group , Almsamim WYSIWYG
Japanese translation principally by ocean