― MozillaZine.jp フォーラムは Mozilla 製品に関する情報交換の場です ―



All times are UTC + 9 hours

新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 3 件の記事 ] 
作成者 メッセージ
投稿記事Posted: 2019年9月19日(木) 11:18 
オフライン

登録日時: 2019年8月07日(水) 00:07
記事: 6
主にブラウザはfire foxを使っています、以前はchromeを使用アイコンをクリックして起動しない不具合頻繁に発生しfire foxに切り替えました。
英語出来ないために翻訳アドオン「gooleでページを翻訳」「simple translate」を使って読んでいます。最近翻訳アドオンを使うと「400. Th
at’s an error.Your client has issueda malformed or illegal request.That’s all we know. 」と表示され翻訳してくれません。chromeを
使って同じページを同じ拡張機能を使って翻訳すると問題なく機能します、何が問題あるのでしょうか詳しい方教えて下さい、よろしくお願いた
します。fire foxはこけないのでこの点では評価できるのですが他に問題あり今後も使い続ける自身がないです。fire foxバージョンは69.0.1(64
ビット)fire fox quantumとか書いてあります。fire foxローカルドライブに入れおります,osはwin10です。


拡張機能の話題のため、トピックを移動しました。-- Kuro 2019-10-11T23:07

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:69.0) Gecko/20100101 Firefox/69.0


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2019年9月19日(木) 17:01 
HTTP ステータスコードの 400 は基本的に "Bad Request"(不正な要求)ということですが、サーバー側(この場合は Google の翻訳サイト)が何を持って不正だと判断しているかです。
たいていの場合、ユーザー(クライアント)側に保存されている Cookie 情報が破損していてサイト側と適切な関係が確立できないか、サイト(サーバー)側が投げて来る Cookie をクライアントが正しく受け取らない(処理できない)結果として発生しやすいと思います。

この種の問題が特定のサイト(本件なら Google の翻訳サイト)で起こり出したとき、ふつう真っ先にやる対処は、そのブラウザが持っている当該サイトの Cookie を削除することです。
[オプション] -> [プライバシーとセキュリティ] -> [ブラウザープライバシー] -> [Cookie とサイトデータ] にある [データを管理...] で、Google 翻訳のサイト名になっている項目を選択し、[選択したサイトデータを削除] で消してみてください。
どれかわからない場合は、[データを消去...] ですべての Cookie を削除するという選択肢もあります。ログインが必要ないくつかのサイトで、初回ログイン時のような手順が求められるようになるかもしれませんが、ログインできなくなるわけではないので、Cookie の大掃除という意味で実行するケースはあります。

(補足)
Cookie はブラウザごとに保持しています。
例えば、同じパソコン内にインストールされている複数のブラウザで同じサイトにアクセスしていても、Firefox 、Google Chrome 、Microsoft Edge 、Opera , Vivaldi などのブラウザごとに別々の Cookie を保持しています。
どれかひとつのブラウザの Cookie がたまたま破損した場合、そのブラウザだけで 400 エラーが出ることがあります。

(別の観点)
一方、Firefox に限った話ですと、強化されたコンテンツブロッキング機能が影響している可能性も考えられそうです。

[オプション] -> [プライバシーとセキュリティ] -> [ブラウザープライバシー] -> [コンテンツブロッキング] の初期設定は [標準] が選択されています。
この条件下では、一部のサードパーティのトラッカー Cookie がブロックされるようになっていますが、Firefox + アドオンが Google 翻訳のサイトにアクセスする際に、Cookie の一部がブロックされたことで、400 エラーが出ている可能性があるかもしれません。

翻訳サイトへのアクセスを、アドオン(拡張機能)を介しておこなうのは、そのほうが便利だからだと思いますが、アドオンを挟むことで通常なら発生しない通信が発生することもありえます。
Google 翻訳のサイト(translate.google.co.jp)を直接開き、入力欄に英文を入力・実行したとき、正常に日本語翻訳の結果が出力されるのなら、アドオンを介して翻訳サイトにアクセスしていることが、本件の原因になっている疑いが出てきます。
お使いのアドオンがそうだとは断定しませんが、一般論としては、翻訳サイトへの通信の他に情報収集を意図したサイトにもユーザーの行動が送信されているようなケースが、ありえないわけではありません。もし、こうしたアドオンの動作が阻害されたとき、本来の目的である翻訳サイトとの通信にも何らか滞りが発生すれば、ユーザーが望む結果に至らず、400 エラーになることもありえるでしょう。
(注意)
AMO のページでは、「Googleでページを翻訳 (英日)」と「Simple Translate」のどちらにも、現時点では次のコメントが付いています。
"This extension isn't monitored by Mozilla. Make sure you trust the extension before you install it."
(この拡張機能は Mozilla によって監視されていません。 拡張機能をインストールする前に、この拡張機能が信頼に足ることを確認してください。)
[Learn more] から、日本語の解説ページを見ることができます。


とりあえず以上です。的外れな話になっていたらすみません。

_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64; rv:69.0) Gecko/20100101 Firefox/69.0


通報する
ページトップ
  
引用付きで返信する  
投稿記事Posted: 2019年9月19日(木) 21:38 
オフライン

登録日時: 2019年8月07日(水) 00:07
記事: 6
偶然的通行人さんありがとうございます。
osを再起動しましたが症状は変わりませんでした、Clear Caheというアドンがありましたので結果は変換なしでした。
[b]回答を十分理解できていないので更に読み込んで更いろいろやってみます。[/b]
英文サイトは他のブラウザを使うことにしましたUser-Agent Switcherというブラウザを切り替えるアドオンありま
したが、なぜか上手く切り替わりませんいろいろやってみるつもりです。
これを使ってfire foxの翻訳アドオンを削除することにしました、偶然的通行人さんありがとうございました。














_________________
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/62.0.3202.9 Safari/537.36


通報する
ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
期間内表示:  ソート  
新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 3 件の記事 ] 

All times are UTC + 9 hours


オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: Google Feedfetcher & ゲスト[1人]


トピック投稿:  可
返信投稿:  可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
ファイル添付: 不可

検索:
ページ移動:  
Powered by MozillaZine.jp® Forum Software © phpBB Group , Almsamim WYSIWYG
Japanese translation principally by ocean