― MozillaZine.jp フォーラムは Mozilla 製品に関する情報交換の場です ―



All times are UTC + 9 hours

返信する
ユーザー名:
件名:
オプション:
BBCode: ON
[img]: ON
[flash]: OFF
[url]: ON
スマイリー: ON
BBCode を無効にする
スマイリーを無効にする
URL を自動的にパースしない
ユーザエージェントを表示する
認証コード
KCaptcha by Nikita_Sp
   

トピックのレビュー - SeaMonkey 2.46 と今後について思うこと
作成者 メッセージ
  記事の件名:  SeaMonkey 2.46 と今後について思うこと  引用付きで返信する
(前置き)
別トピックで、正式にリリースされた SeaMonkey 2.46 のことが紹介されています。
(参考)・SeaMonkeyのセキュリティはfirefoxと同レベルなのか?
viewtopic.php?f=4&t=16397#p59004
以降のスレッド。
ただし、当該トピックは質問のベースが Windows XP を前提にしたセキュリティ中心の話題なため、そこで SeaMonkey の最新バージョンの話を続けるのはためらわれたので、新しくトピックを建てさせていただきました。

(本題)
SeaMonkey 2.40 のリリースから 約 11 カ月ぶりに、 SeaMonkey 2.46 が正式版としてリリースされました。
ご存知の方にはいうまでもない話ですが、SeaMonkey 2.46 は次のところから入手可能です。
・The SeaMonkey Project
http://www.seamonkey-project.org/

"Download Now" の下方にある "Other Systems & Languages" のリンク先から、各プラットフォーム×各言語のインストーラーを入手できます。

(注意点)
SeaMonkey 2.40 以前から継続してお使いの方は、リリースノート(英語)に目を通してから更新することをお勧めしておきます。
http://www.seamonkey-project.org/releas ... onkey2.46/

Mozilla プラットフォーム(製品のエンジン部分)にして6バージョン分の開きがあることとも関連しているのだと思いますが、2.46 ではとくに拡張機能まわりでいくつか目立った制約があります。

Lightning をお使いの方は、リリースノートの Extensions (Add-ons) and Themes セクションにある記述をふまえ、対応する Lightning のバージョン(現時点で 5.1b1)を自前で適用してください。

2.40 に同梱されていた拡張機能のうち、Chatzilla と DOM Inspector が 2.46 では削除されています。(インストールディレクトリ内の distribution フォルダがそもそも存在しません。)
必要な方は自己責任でインストールしてください。

もともと SeaMonkey 向けのアドオン(拡張機能、テーマ)は少ないのですが、ブラウザ部分で働くものとメールクライアント部分で働くものがあり、多様性が大きいのが特徴です。一気に6バージョン分飛んだことで、2.40 では動作できても 2.46 では正常に動作しないアドオンが出てくる恐れがあります。2.40 からアップデートする方は、既存のアドオンの働きに注意してください。

その他、2.40 から引き続いている問題を含め、既知の問題(Known Issues)にも十分目を通しておいてください。
別トピックでも指摘されていることですが、SeaMonkey 2.46 の Mozilla プラットフォームは Firefox 49.0 相当です。Firefox 43.0 相当の SeaMonkey 2.40 よりマシとはいえ、いちおう意識しておくことをお勧めします。

(個人的な感想と印象)
一介のエンドユーザーの想像と希望的観測を多分に含む内容ですが......。

SeaMonkey 2.46 のリリース候補版は 2016 年 9 月ごろに build1 が出て、以降も何度か新しいビルドが出てはいたのですが、Windows 版のビルドがなかったり、あっても en-US ロケールだけでした。(別トピックで SeaMonkey の話題が上っていたときもそうで、とても紹介できる状態ではありませんでした。)
リリース候補版で全プラットフォームと言語がそろったのは、2016 年 12 月 16 日の build9 以降でした。

同じころ、Aurora チャンネルの SeaMonkey 2.49a2 は、英語版だけですが活発に更新されており、いまもその状況は続いています。
この SeaMonkey 2.49 は、Firefox 52.0 と同等レベルの Mozilla プラットフォームです。52.0 は Firefox の次期 ESR 版でもあり、Thuderbird の次期メジャーバージョンでもあるため、SeaMonkey も次期メジャーバージョンとしては 2.49 を本命にしているような印象があります。(その意味では、2.46 は「つなぎ」といえるのかもしれませんが...。)
開発版とはいえ、2.49a2 には Lightning 5.4a2 が同梱されるなど、2.46 で省略された部分が復活し、Firefox / Thunderbird のプラットフォームと同等水準でのソフトウェア構成となるよう、努力が続いているように見受けられます。

一方、個人的には次のような不安もあります。
Firefox では積極的にマルチプロセス化が進められています。Thunderbird もその影響外にあるわけではないと思いますが、実情はほとんど目に見えません。
SeaMonkey は、ブラウザ、メールクライアント、HTML エディタなどを含むオールインワンのアプリケーションスイートですから、マルチプロセス化の恩恵は大きいと思うのですが、全部の要素をどう統一的にマルチプロセス化できるのかが気になるところです。(ブラウザ単体の Firefox でさえ難航してきたので...。)

いずれにしましても、SeaMonkey の日本語版を使いたいという方にとっては、2.46 が現時点での最新バージョンです。拡張機能まわりの制約を嫌うのでない限り、2.40 を使い続ける意味はあまりないだろうと思います。

とりあえず以上です。間違いや大ボケかましているところがあったら、遠慮なくツッコミをお願いします。
投稿記事 Posted: 2016年12月24日(土) 08:24

All times are UTC + 9 hours


ページ移動:  
Powered by MozillaZine.jp® Forum Software © phpBB Group , Almsamim WYSIWYG
Japanese translation principally by ocean