― MozillaZine.jp フォーラムは Mozilla 製品に関する情報交換の場です ―



All times are UTC + 9 hours

返信する
ユーザー名:
件名:
オプション:
BBCode: ON
[img]: ON
[flash]: OFF
[url]: ON
スマイリー: ON
BBCode を無効にする
スマイリーを無効にする
URL を自動的にパースしない
ユーザエージェントを表示する
認証コード
KCaptcha by Nikita_Sp
   

トピックのレビュー - Thunderbird 45.0 での注目点
作成者 メッセージ
  記事の件名:  Thunderbird 45.0 での注目点  引用付きで返信する
雑談として投稿させていただきます。

みなさんご存知のように、次期メジャーバージョン(ESR 相当)のベータ版、Thunderbird 45.0b1 が出ています。
Nightly のころから少しずつ試用してきたのですが、ベータ版になったことでもありますし、これまで気になっていたことを書いてみたいと思います。

ユーザーインターフェイスなどの外観的な部分では、メニューの一部に表記の変更があったり、スレッドペインのカラムに [通信相手] という項目が追加されメッセージの方向(In / Out)が矢印で表示されたりしていますが、操作に戸惑うような目立った変更はありません。

個人的に気になっているのは、日本語メッセージの作成に関わる変化です。
まず、Windows 版では TSF(Text Services Framework)がデフォルトで有効になっています。
そして、format=flowed の delsp=yes に対応したことが注目点です。プレーンテキストの日本語メッセージにおける自由度が高まったように思います。
ISO-2022-JP で作成できるごく標準的な日本語メッセージで、1行の文字数が長い文章にも、format=flowed; delsp=yes が適用されます。
([設定エディタ](about:config)から format=flowed を無効化できるのはこれまで通りです。)

新規メッセージの作成に関して、送信時の条件によってどんなメッセージソースが生成されるか、ざっくり Content ヘッダを見比べた結果を次に載せました。
興味のある方はどうぞ。
(参考)・Thunderbird 45.0b1 における日本語メッセージの作成テスト
http://meitner.jimdo.com/2016/02/08/tes ... rd-45-0b1/

ただ、送信条件を様々に変化させてメッセージ作成を試みると、入力する文字列はまったく同一でも、
---------------------------------------------------------------------------
Content-Type: text/plain; charset=iso-2022-jp; format=flowed; delsp=yes
Content-Transfer-Encoding: base64
---------------------------------------------------------------------------
のようになるときと、
---------------------------------------------------------------------------
Content-Type: text/plain; charset=iso-2022-jp; format=flowed; delsp=yes
Content-Transfer-Encoding: 7bit
---------------------------------------------------------------------------
のようになるときがあるなど、ちょっと掴みきれない動作もあります。

これに関連するのかもれませんが、メッセージをメッセージペインやタブに表示したとき、テキストエンコーディングの自動判別が適切に機能しないケースがあります。同じメッセージを 38.5.1 で受信すると、適切に自動判別していますので、45.0b1 に何かあるのかもしれません。
ざっと見た感じでは、charset が ISO-2022-JP か UTF-8 かを問わず、Content-Transfer-Encoding: base64 のときに自動判別を失敗して正しくデコードできていない印象です。
(ただし、手動でテキストエンコーディングを選択し直すと、文字化けは解消できます。)

進化した部分は確かにあって期待は膨らみますが、それが十分こなれていないといった側面もあるみたいなので、さらなるブラッシュアップが望まれると思いますし、正式リリース後のフィードバックから改善されることも多いかと思います。

やや心配なのは、38.x 系から自動更新した場合、既存のプロファイルの設定やアドオンが継承して使われるわけですが、それが逆に 45.0 の新しい機能を阻害したり、不測の動作を誘発したりすることがないか、という点です。
文字列の折り返しについては、例えば mailnews.wraplength を極端な値に設定しているユーザーもおられるでしょうし、他の方法でカスタマイズをしているケースも考えられます。それら既存の条件との組み合わせによっては、ユーザーの思惑とは異なる動作や表示になることがあるかもしれません。

(余談)
この1年ほどの間に本フォーラムに投稿されたトピックのうち、次のような問題も改善されています。
・連続した半角スペースをコピペすると1文字分になる。
viewtopic.php?t=15694
・333文字を改行なしで入力すると文字化けする
viewtopic.php?t=15876

以上、とりとめない話で失礼いたしました。
投稿記事 Posted: 2016年2月09日(火) 21:15

All times are UTC + 9 hours


ページ移動:  
Powered by MozillaZine.jp® Forum Software © phpBB Group , Almsamim WYSIWYG
Japanese translation principally by ocean