― MozillaZine.jp フォーラムは Mozilla 製品に関する情報交換の場です ―



All times are UTC + 9 hours

返信する
ユーザー名:
件名:
オプション:
BBCode: ON
[img]: ON
[flash]: OFF
[url]: ON
スマイリー: ON
BBCode を無効にする
スマイリーを無効にする
URL を自動的にパースしない
ユーザエージェントを表示する
認証コード
KCaptcha by Nikita_Sp
   

トピックのレビュー - Google との同期を P4GC から CalDAV に変更したら、Google の認証画面が繰り返し表示される
作成者 メッセージ
  記事の件名:  Re: Google との同期を P4GC から CalDAV に変更したら、Google の認証画面が繰り返し表示され  引用付きで返信する
これまで Lightning の設定の不備であることを願って試行錯誤してきましたが・・・どうも安定しません。

この不具合が発生する可能性として、2つを考えていました。
1つは、Lightning の設定の不備。
もう1つは、Google から接続を切られている。

現在、Google Apps を利用していますので、登録している複数のカレンダーは利用者の1つのメールアドレスとパスワードで認証ができています。

P4GC を使用していた時は、すべてのカレンダーが1回の認証で済んでいましたが、CalDAV ではカレンダー毎に認証が必要です。

Thunderbird を起動した時や定期的な同期時に CalDAV ではカレンダーの数だけの認証が Google に送られているので、Google が切っている可能性を考えています。

これらの可能性について、何か情報がありましたら教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。
投稿記事 Posted: 2014年12月02日(火) 10:10
  記事の件名:  Re: Google との同期を P4GC から CalDAV に変更したら、Google の認証画面が繰り返し表示され  引用付きで返信する
Ciaさん、教えて頂きまして、ありがとうございます。

CalDAV での同期は初めてでしたので、以前から認証周りの問題が出ていたことを知りませんでした。

Google カレンダーを複数同期しているので、認証画面が10個以上出てくるとちょっと・・・って感じです。

幸いにも自分のPCでは、まったく問題が出ていません。
自分のPCの prefs.js に、問題が出ているPCの prefs.js の user_pref("calendar..., *); をすべてコピーすると問題が出ます。
違いは以下の3行です。

user_pref("calendar.registry.***.auto-enabled", "true");
user_pref("calendar.registry.***.google.lastUpdated", "20110303T053049Z");
user_pref("calendar.registry.***.disabled", "true");

「.google.lastUpdated」でエラー(?)、カレンダーが無効になって「.disabled」が作成され、「.auto-enabled」が作成されて認証画面が出てくるような・・・!?

他のPCも、自分のPCのように安定した状態にならないかと、この3行を消して試行錯誤中です。
投稿記事 Posted: 2014年11月28日(金) 16:05
  記事の件名:  Re: Google との同期を P4GC から CalDAV に変更したら、Google の認証画面が繰り返し表示され  引用付きで返信する
Thunderbird 34.0 Beta 1 + Lightning 3.6b1 の組み合わせでも、まれに認証画面が繰り返し表示されることがあります。
ですが、過去のバージョンでは認証周りでしばしばそのような問題があり、開発版では複数回にわたりバグ修正が行われているはずですが、それがベータ版やリリース版にまで反映されているかというとその限りではありません (Firefox ESR や Thunderbird 本体と同様、Lightning のリリース版のマイナーアップデートではセキュリティ修正や特に深刻なバグ修正しか認められていませんし、ベータ版への反映にも制限があります)。
投稿記事 Posted: 2014年11月28日(金) 00:08
  記事の件名:  Re: Google との同期を P4GC から CalDAV に変更したら、Google の認証画面が繰り返し表示され  引用付きで返信する
エラーにばかり気を取られて見落としたのですが、以下のエラーに、その下のメッセージもありました。

よろしくお願いします。


エラー: 400 - {
"error" : "invalid_grant"
}
ソースファイル: resource://gre/modules/Http.jsm
行: 73


[JavaScript Error: "[calCachedCalendar] replay action failed: null,
uri=https://apidata.googleusercontent.com/caldav/v2/calid/events,
result=2147746065, op=[xpconnect wrapped calIOperation]"]
投稿記事 Posted: 2014年11月27日(木) 16:58
  記事の件名:  Re: Google との同期を P4GC から CalDAV に変更したら、Google の認証画面が繰り返し表示され  引用付きで返信する
原因がわからないままやっても、ダメでした。

問題が発生しているPCに以下の設定があったのですが、違ったようです。
user_pref("calendar.registry.***.auto-enabled", "true");

他に判ったことは起動する時だけでなく、カレンダーを表示し続けていても、突然、認証画面が表示されることがあります。

認証画面が表示される時に、エラーコンソールに何か出ないか調べてみました。

今のところ、以下のエラーが見つかりました。

検索してみたところ、Bugzilla@Mozilla などにも見つかるのですが、英文ばかりでよくわかりません。

すいませんが、教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。


時刻: 2014/11/27 15:01:44
エラー: [Exception... "Component returned failure code: 0x8000ffff (NS_ERROR_UNEXPECTED) [nsISAXXMLReader.onDataAvailable]" nsresult: "0x8000ffff (NS_ERROR_UNEXPECTED)" location: "JS frame :: resource://calendar/modules/calUtils.jsm -> file:///D:/Users/***/AppData/Roaming/Thunderbird/Profiles/***/extensions/%7Be2fda1a4-762b-4020-b5ad-a41df1933103%7D/calendar-js/calDavRequestHandlers.js :: wSL_onDataAvailable :: line 436" data: no]
ソースファイル: resource://calendar/modules/calUtils.jsm -> file:///D:/Users/***/AppData/Roaming/Thunderbird/Profiles/***/extensions/%7Be2fda1a4-762b-4020-b5ad-a41df1933103%7D/calendar-js/calDavRequestHandlers.js
行: 436

時刻: 2014/11/27 15:01:44
エラー: [Exception... "Component returned failure code: 0x8000ffff (NS_ERROR_UNEXPECTED) [nsISAXXMLReader.onStopRequest]" nsresult: "0x8000ffff (NS_ERROR_UNEXPECTED)" location: "JS frame :: resource://calendar/modules/calUtils.jsm -> file:///D:/Users/***/AppData/Roaming/Thunderbird/Profiles/***/extensions/%7Be2fda1a4-762b-4020-b5ad-a41df1933103%7D/calendar-js/calDavRequestHandlers.js :: wSL_onStopRequest :: line 427" data: no]
ソースファイル: resource://calendar/modules/calUtils.jsm -> file:///D:/Users/***/AppData/Roaming/Thunderbird/Profiles/***/extensions/%7Be2fda1a4-762b-4020-b5ad-a41df1933103%7D/calendar-js/calDavRequestHandlers.js
行: 427

時刻: 2014/11/27 15:01:44
エラー: 400 - {
"error" : "invalid_grant"
}
ソースファイル: resource://gre/modules/Http.jsm
行: 73
投稿記事 Posted: 2014年11月27日(木) 16:44
  記事の件名:  Re: Google との同期を P4GC から CalDAV に変更したら、Google の認証画面が繰り返し表示され  引用付きで返信する
すいません。
パスワードが消えてしまうことばかりに気を取られて質問した内容が自己解決しましたので、結果を書きます。

Windows 7 Pro 64bit
Thunderbird 31.2.0
Lightning 3.3.1

Lightning に Google カレンダーを複数個同期させていました。

Lightning と Google カレンダーの同期を P4GC から CalDAV に変更したら、Thunderbird を起動する度に Google アカウントの認証画面が繰り返し表示されるようになりました。

Google アカウントの認証画面が繰り返し表示されるカレンダーは、保存したはずのパスワードが消えていました。

原因は、以下の設定でした。たぶん・・・

user_pref("calendar.registry.***.auto-enabled", "true");

P4GC を使用していた時に作成された設定だと思うのですが、この設定を削除すると上記現象が起きなくなりました。

2台のPCまでは確認していますが、このまま治まってくれることを祈ります。
投稿記事 Posted: 2014年11月26日(水) 15:45
  記事の件名:  Google との同期を P4GC から CalDAV に変更したら、Google の認証画面が繰り返し表示される  引用付きで返信する
Lightning に Google カレンダーを CalDAV で複数個ほど登録しました。

カレンダーの登録時には Google パスワードが保存されています。

しかし、一度 Thunderbird を閉じて、起動しなおすと保存されている Google パスワードが消えてなくなります。

すべてのカレンダーの Google パスワードが消えることもあれば、半分くらいの Google パスワードが消えることもあります。

また、Google パスワード以外に、メールサーバーのパスワードも保存していますが、
Google パスワードが消えるPCでもメールサーバーのパスワードは一度も消えていません。

念のために Google パスワードが消えるPCで、パスワードが保存されているという signons.sqlite を削除して再作成してみましたが、
Google パスワードが消える現象を止めることはできませんでした。

この現象が発生しないPCではまったく発生しませんが、Google パスワードが消えるPCでは高確率で発生しています。

現在は、signons.sqlite を読み取り専用に設定して、Google パスワードが消えるのを防いでいます。

なぜ、Google パスワードが消えてしまうのでしょうか?
投稿記事 Posted: 2014年11月22日(土) 12:11

All times are UTC + 9 hours


ページ移動:  
Powered by MozillaZine.jp® Forum Software © phpBB Group , Almsamim WYSIWYG
Japanese translation principally by ocean